ジェニファー・ハドソン 主演、アレサ・フランクリンの伝記映画『リスペクト』が 11月5日公開! サウンドトラック配信中、日本盤CDは 11月3日 発売! 映画の予告編が公開中! アレサ・フランクリン本人のリクエストで起用! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

ジェニファー・ハドソン 主演、アレサ・フランクリンの伝記映画『リスペクト』が 11月5日公開! サウンドトラック配信中、日本盤CDは 11月3日 発売! 映画の予告編が公開中! アレサ・フランクリン本人のリクエストで起用!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

Jennifer Hudson ジェニファー・ハドソン

アカデミー賞、グラミー賞 W受賞のジェニファー・ハドソン主演、アレサ・フランクリンの伝記映画『リスペクト』(RESPECT)が、11月5日(金)「TOHO シネマズ 日比谷」他にて全国公開となる。

公開に合わせて、映画の中でもアレサ・フランクリンを演じる現代のソウル・ディーヴァ、ジェニファー・ハドソンが数々のアレサの名曲を歌う『リスペクト』のサウンドトラックが、11月3日に国内盤としてリリースされる。

映画は、2021年8月13日に全米公開となり、同日にサウンドトラックも発売となっている。

世界が認めるディーヴァとして圧倒的存在感を誇り「リスペクト」、「ナチュラル・ウーマン」そして「シンク」を始めとする数々のヒット曲を残した女帝アレサ・フランクリン。

惜しまれつつ 2018年に享年76歳で他界した彼女が、夢の歌手デビューを果たすもヒット曲に恵まれなかった若き日の苦悩や、父や夫との関係への葛藤を乗り越え、次第に大スターとして花開いていく様を圧巻のステージシーンと共に描いたのが、映画『リスペクト』。
 
この映画でのジェニファー・ハドソンの起用に関しては、アレサ・フランクリン本人のたってのリクエストだっただけに、聞く者の魂をゆさぶるかのようなその歌声はアレサの持つパワーを彷彿とさせる。

また、アレサの楽曲のカヴァーだけではなく、ウィル・アイ・アムがプロデュース、キャロル・キングが共作したオリジナル曲「ヒア・アイ・アム(シンギング・マイ・ウェイ・ホーム)」も収録されていることでも話題となっている。

映画『リスペクト』は『ドリームガールズ』『アリー/スター誕生』『ボヘミアン・ラプソディ』に続く、すべての人生へ喝采を贈る、興奮と感動の音楽エンターテインメントとしてすでに大きな注目を集めていることもあり、国内においてもアレサ・ファンやジェニファーのファンのみならず、多くの音楽ファンが公開を待ち望む大作。


映画『リスペクト』特報予告 <2021年11月5日(金)公開>

Jennifer Hudson – Here I Am (Singing My Way Home) (Official Music Video)
ジェニファー・ハドソン「ヒア・アイ・アム(シンギング・マイ・ウェイ・ホーム)」

ミュージックビデオ

Jennifer Hudson – (You Make Me Feel Like A) Natural Woman (Official Audio)

Jennifer Hudson – Ain’t No Way (Official Audio)


リリース情報

“Jennifer Hudson RESPECT” Original Motion Picture Soundtrack
オリジナル・サウンドトラック「リスペクト」

アルバム CD((Blu-spec CD2)国内盤
2021年11月3日 発売
SICP-31504
¥2750円(税込)
Sony Music Japan International

※ 輸入盤 発売中 (2021年8月13日 発売)
※ デジタル 配信中 (2021年8月13日 配信)

<収録曲>
01 There Is A Fountain Filled With Blood / ゼア・イズ・ア・ファウンテン・フィルド・ウィズ・ブラッド
02 Ac-cent-tchu-ate The Positive / アクセンチュエイト・ザ・ポジティヴ
03 Nature Boy / ネイチャー・ボーイ
04 I Never Loved A Man (The Way I Loved You) / 貴方だけを愛して
05 Do Right Woman – Do Right Man / 恋のおしえ
06 Dr Feelgood / ドクター・フィールグッド
07 Respect / リスペクト
08 (Sweet Sweet Baby) Since You’ve Been Gone / シンス・ユーヴ・ビーン・ゴーン
09 Ain’t No Way / エイント・ノー・ウェイ 
10 (You Make Me Feel Like A) Natural Woman / ナチュラル・ウーマン 
11 Chain Of Fools / チェイン・オブ・フールズ
12 Think / シンク
13 Take My Hand, Precious Lord / テイク・マイ・ハンド、プレシャス・ロード
14 Spanish Harlem / スパニッシュ・ハーレム
15 I Say A Little Prayer for You / 小さな願い
16 Precious Memories / プレシャス・メモリーズ
17 Amazing Grace / アメイジング・グレイス
18 Here I Am (Singing My Way Home) / ヒア・アイ・アム(シンギング・マイ・ウェイ・ホーム)
  ※ジェニファー・ハドソン オリジナル曲


各配信サイト

国内盤予約 各ECサイト


ジェニファー・ハドソン ソニー・ミュージック

ジェニファー・ハドソン オフィシャルサイト

ジェニファー・ハドソン YouTube



映画情報

ジェニファー・ハドソン主演『リスペクト』(原題:RESPECT
2021年11月5日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷他にて全国ロードショー
アメリカ/2021年/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/146分/字幕翻訳:風間綾平

出演:ジェニファー・ハドソン『ドリームガールズ』
   フォレスト・ウィテカー『ラストキング・オブ・スコットランド』
   マーロン・ウェイアンズ『G.I.ジョー』
   メアリー・J. ブライジ
監督:リーズル・トミー 脚本:トレイシー・スコット・ウィルソン
配給:ギャガ

<STORY> 
私を輝かせるのは、この“声”。
少女のころから抜群の歌唱力で天才と称され、煌びやかなショービズ界の華となったアレサ(ジェニファー・ハドソン)。しかしその裏に隠されていたのは、尊敬する父(フォレスト・ウィテカー)、愛する夫(マーロン・ウェイアンズ)からの束縛や裏切りだった。極限まで追い詰められる中、すべてを捨て自分の力で生きていく覚悟を決めたアレサは、ステージに立ち観客にこう語り掛ける。
「この曲を、不当に扱われている全ての人に贈ります」
自らの心の叫びを込めたアレサの圧倒的な歌声は、やがて世界を歓喜と興奮で包み込んでいく――。


映画 公式サイト



プロフィール

【アレサ・フランクリン:プロフィール】
1942年、テネシー州メンフィス生まれ、ミシガン州デトロイト育ち。
父親は有名な説教師(C・L・フランクリン)、母親はゴスペル歌手(バーバラ・シガーズ・フランクリン)。
1961年にコロンビアからデビュー、その後1967年にアトランティックに移籍。1980年にアリスタに移籍。
グラミー20冠以上を誇り、“クイーン・オブ・ソウル”とも呼ばれる。
1987年には女性アーティスト初の「ロックの殿堂入り」を果たし、
ローリング・ストーン誌で「歴史上もっとも偉大な100人のシンガー」第1位にも選ばれている。2018年に享年76歳で他界。

【ジェニファー・ハドソン:プロフィール】
1981年、イリノイ州シカゴ生まれ。幼い頃からゴスペル隊に参加し、ミュージカル等にも出演。
2004年、<アメリカン・アイドル>のオーディションに参加するも、7位で退場。
2006年、8,000人以上のオーディションを勝ち抜き、映画『ドリームガールズ』に出演。初出演作にしていきなりアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞で<助演女優賞>を受賞。
2008年にデビュー・アルバムをリリースし、翌年グラミー賞を受賞。
民主党就任式やスーパーボウルで国家斉唱。
マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、プリンスのトリビュート・パフォーマンスなども行ってきている。



アレサ・フランクリン「至上の愛 ~チャーチ・コンサート~ <完全版>」MUSIC GUIDE

アレサ・フランクリン「アレサ 〜ザ・グレイテスト・パフォーマンス」MUSIC GUIDE



MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧