5人組コーラスグループの ベイビー・ブー、岩手県大槌町民とコラボした「海の男に」と「蓬莱オーライ」が 3月3日に配信リリース! “音楽を奏でる電子絵本”「海の男に」が 3月11日にリリース! 昨年の3月から、365日連続での歌唱動画投稿も達成! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

5人組コーラスグループの ベイビー・ブー、岩手県大槌町民とコラボした「海の男に」と「蓬莱オーライ」が 3月3日に配信リリース! “音楽を奏でる電子絵本”「海の男に」が 3月11日にリリース! 昨年の3月から、365日連続での歌唱動画投稿も達成!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

ベイビー・ブー Baby Boo

5人組コーラスグループのベイビー・ブーが、昨年の3月から続けていた Twitter での歌唱動画投稿が、昨日3月4日に公開された「仰げば尊し」で365日連続での投稿を達成した。

『今日も歌ってみた』と題したこの歌唱動画は、童謡、唱歌をはじめ、ポップス、歌謡曲、演歌といった世代を超えた幅広い楽曲を5人のアカペラコーラスでカヴァーする企画で、「聞いていただいた方が少しでも元気になってほしい」(以下、リーダー・ユースケ)という思いから、昨年の3月5日に投稿した「明日はきっといい日になる」(高橋優)からスタート。

コーラスグループでありながら、外出自粛や感染予防の観点から5人が集まり声を合わせることが困難な状況の中、メンバーそれぞれの環境からリモートで声を合わせてのレコーディングと録画、編集を繰り返し、365日一日も休まず動画投稿を続けていた。

ベイビー・ブー Twitter

ベイビー・ブーは、阪神大震災の翌年の1996年に神戸で結成されたアカペラコーラスグループで、震災からの復興に向かう中、定期的に路上でのストリートライブを行っていたが、「今回のSNSを通じた投稿は、あの時のストリートライブと同じようなことだと思っています。きっと誰かに届く日が来る。そして、以前のようにみんなで歌い合える日が来ると信じて続けていました」と、振り返った。

また、今年で発生から10年となる東日本大震災で甚大な被害を受けた、岩手県大槌町の町民とコラボした配信限定シングル「海の男に」と「蓬莱オーライ」が、3月3日にリリースされた。

今回、各音楽配信サイトでリリースされた2曲は、岩手県沿岸部の大槌町に暮らす様々な世代が『みんなでともに笑い合いたい』という思いに共感し、震災で失われた大槌の演劇、文化を復活させようと集まった町の有志によるイベント「大槌バラエティショー」から生まれた曲で、コロナ禍以前となる2018年に大槌町の人達が上京し、ベイビー・ブーと共に歌いレコーディングを行った。

同曲に対し、「『海の男に』という曲は、大槌に暮らす若者が自分のおじいちゃんのように漁師になるか、自分の進路に悩みながらも前向きに生きているという新聞記事が元になっていて、地元で生きると決めた主人公の強くまっすぐな姿が描かれています。『蓬莱オーライ』は、“ひょっこりひょうたん島”のモデルにもなった大槌の蓬莱島が、“いつでも故郷に帰っておいで”と優しく見守る歌で、どちらの曲も大槌の皆さんのコーラスと一緒にコラボしていて、とても温かい曲になっています」とコメントした。

なお、この2曲がテーマソングとして収録された『音楽を奏でる電子絵本「海の男に」』が、3月11日に発売される。



配信リリース


ベイビー・ブーと大槌町のみなさん&大槌応援団 「蓬莱オーライ」
Digital(配信シングル)
2021年3月3日 配信
テイチクエンタテインメント

配信サイト「蓬莱オーライ」


ベイビー・ブーと大槌町のみなさん&大槌応援団 「海の男に」
Digital(配信シングル)
2021年3月3日 配信
テイチクエンタテインメント

配信サイト「海の男に」


ベイビー・ブー テイチクエンタテインメント

ベイビー・ブー オフィシャルサイト



音楽を奏でる電子絵本 発売情報

海の男に【音楽を奏でる電子絵本】
著者 :「海の男に」製作委員会
     あかみねひろえ、高山みなみ、ベイビー・ブーと大槌町のみなさん
発売日: 2021年3月11日 発売
出版社: ホーホーチルドレン
価格 : ¥1,320(税込)

音楽を奏でる電子絵本「海の男に」詳細・予約



MUSIC GUIDE「注目歌手カタログ」ベイビー・ブー



MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧