元 CHICAGO、TOTO の AOR レジェンズによるスーパー・バンドの最新アルバム『CWF2』から、シングル2曲が先行配信開始! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

元 CHICAGO、TOTO の AOR レジェンズによるスーパー・バンドの最新アルバム『CWF2』から、シングル2曲が先行配信開始!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

CWF(CHAMPLIN WILLIAMS FRIESTEDT) Bill Champlin、Joseph Williams、Peter Friestedt

元シカゴのヴォーカリスト=ビル・チャンプリンと、TOTOの名リード・シンガーとして知られるジョセフ・ウィリアムス。二人のAORレジェンドと、‘80年代のウエストコースト・サウンドに限りないリスペクトと憧憬を寄せる北欧のAORクリエイター/ギタリスト=ピーター・フリーステットが結成したスーパー・バンド<チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット>が、2ndアルバム 『CWF2』が 5月20日にリリースとなる(輸入盤CDとデジタル配信開始は5月15日)。

すでに、ミュージック・ビデオが公開となっている「ビトウィーン・ザ・ラインズ」と「ラヴ・イン・ザ・ワールド」の2曲が、5月8日よりアルバム・リリースに先行して配信開始となった。


Between The Lines|ビトウィーン・ザ・ラインズ

「ビトウィーン・ザ・ラインズ」購入・ストリーミング

「ラヴ・イン・ザ・ワールド」購入・ストリーミング


2015年の1stアルバム 『CWF』 以来4年半ぶりとなる最新作 『CWF2』には、マイケル・マクドナルドやランディ・グッドラム、ジョン・ロビンソンといった、日本のファンにもお馴染みのAORレジェンズたちが参加。圧巻のツイン・ヴォーカル、至高のメロディ、緻密なサウンド・メイキングが際立つ、80年代のウエストコースト・シーンを想起させるパーフェクトなコンテンポラリーAORを展開する。文字通り「CHICAGO meets TOTO」といった趣の楽曲もあり、ファンならば感涙必至といったところ。

海外に先駆けてリリースされる日本盤は高品質のBlu-Spec CD2仕様となっており、ボーナス・トラックも3曲収録。なかでも『Love In The World(Album Version)』は、ジョセフのメイン・ヴォーカル・パートが追加された豪華なトリプル・ヴォーカル・ヴァージョンとなっており(本編M-3の『Love In The World』 は、ビル・チャンプリンとマイケル・マクドナルドのツイン・ヴォーカルが見事な1曲)、文字通りボーナスな聴きどころとなっているのが嬉しい。


リリース情報

チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット
CHAMPLIN WILLIAMS FRIESTEDT 『CWF2』

CD アルバム
2020年5月20日発売
SICX-30085
¥2,400+税 
ソニー・ミュージックジャパンインターショナル
※デジタル配信&輸入盤CD発売は2020年5月15日。

プロデュース:ピーター・フリーステット、ビル・チャンプリン&ジョセフ・ウィリアムス
ゲスト:マイケル・マクドナルド、ランディ・グッドラム、ジョン・ロビンソン、ビル・カントス、ジェイ・グレイドン他


『CWF2』アルバム詳細 / MUSIC GUIDE トップボード

CHAMPLIN WILLIAMS FRIESTEDT ソニーミュージック


Look Away – Bill Champlin Joseph Williams Peter Friestedt
Joseph Williams Bill Champlin Peter Friestedt – 10 Miles – Official Video