細野晴臣の JAZZ BASS (R) を再現したシグネイチャーモデル「HARUOMI HOSONO ’66 JAZZ BASS (R) JOURNEYMAN RELIC (R)」が発売!マスタービルダーによる監修でオリジナルモデルを完全再現! FENDER CUSTOM SHOP にて販売! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

細野晴臣の JAZZ BASS (R) を再現したシグネイチャーモデル「HARUOMI HOSONO ’66 JAZZ BASS (R) JOURNEYMAN RELIC (R)」が発売!マスタービルダーによる監修でオリジナルモデルを完全再現! FENDER CUSTOM SHOP にて販売!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

細野晴臣(シグネイチャーモデル・ベース)

「ベースといえばフェンダーで、自分にとっての定番は JAZZ BASS」と語る細野晴臣が、「今後、このモデルを活かしたライヴやレコーディングを行っていきたい」と評する自身のシグネイチャーベース「HARUOMI HOSONO ’66 JAZZ BASS (R) JOURNEYMAN RELIC (R)」が、フェンダー最上級の楽器を製作する FENDER CUSTOM SHOP から発売。

(C)︎ Masashi Kuwamoto

70年代から数々のレコーディングやライブで愛用してきた本人所有のジャズ・ベースが、FENDER CUSTOM SHOP の高度なクラフトマンシップによって再現されている。

ハードウェアは、50~60年代よりメイン工場で使っているフェンダーオリジナルの機械によって成型したパーツを使用し、そして本人所有モデルと同じ70年代のフェンダーベースに主に使われていた順巻きのチューナーを搭載。

ネックシェイプには、フェンダーのマスタービルダー、ジェイソン・スミスが来日した際に、細野所有のオリジナルモデルを細部にわたり計測したスペックをもとに、スミス自身による監修のもとチームビルトで完全再現。

ピックアップはもちろん、その他、印象的なテレキャスターのドーム型ノブ、シングルグルーブのブリッジサドル、 本人同様オレンジドロップのキャパシターなど、細部に至るまで可能な限り再現されている。


細野晴臣 コメント

自分は家具などもアンティークが好きで、オリジナルの古さが馴染んでいました。しかし、今回のシグネイチャーモデルはその古さを真新しい素材に置き換えた不思議なオブジェで、未来に出現するであろうクローン人間もそういう感じなのかもしれません。

オリジナルはあまりこだわったチューニングをしていませんでしたが、シグネイチャーモデルは想像以上のこだわりが細部に施されていてびっくりしました。
ボディは木材の性質上、オリジナルの軽さには届きませんが、それでも極限まで絞られていて感激しました。

そもそもフェンダーベースはプレシジョンから始まったと聞いています。
自分の印象ではJazz Bassとの違いはネックの感触で、ソリッドなリズムを弾きたくなるベースです。盗難に遭ったフレットレスは“自由自在”の演奏を引き出してくれたように思います。

とは言え、自分にとっての定番はやはり Jazz Bass なんです。

細野晴臣


製品情報

製品名   : HARUOMI HOSONO ’66 JAZZ BASS(R) JOURNEYMAN RELIC(R)
メーカー  : Fender (R)
付属品   : デラックスハードケース、ストラップ 正規製品認定書
希望小売価格: 600,000円 + 税
国内販売  : 全国の FENDER CUSTOM SHOP 取り扱い店までお問い合わせください。


フェンダーミュージック

細野晴臣 オフィシャルサイト