ジャズ・ピアノの神様・チック・コリア、2018年のピアノ・ソロ・ライブ盤! オリジナルやインプロヴィゼーションから、モーツァルト、モンク、スティーヴィー・ワンダーまで! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

MUSIC GUIDE


トップ・ボード

一覧を見る

ジャズ・ピアノの神様・チック・コリア、2018年のピアノ・ソロ・ライブ盤! オリジナルやインプロヴィゼーションから、モーツァルト、モンク、スティーヴィー・ワンダーまで!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

トップボードのバックナンバーはコチラ!


Chick Corea ”PLAYS”

チック・コリア

Live Album 『 プレイズ 』


★ グラミー賞受賞20回以上、ジャズ・ピアノの神様!
★ 2018年のピアノ・ソロ・ライブ盤! CD2枚組、全31トラック!
★ ショパン、モンク、スティーヴィー・ワンダーまで偉大な作家の系譜を辿る!
★ 自身のオリジナルやインプロヴィゼーション、語りも収録!
★ 圧倒的な説得力を持った、心地よいピアノ・プレイ!



ジャズ・ピアノの神様・チック・コリアの新ソロ・アルバム『Plays』は、ヨーロッパとアメリカのコンサート・ホールでのピアノ・ソロ・ライブ演奏を収録したもの。

Photo by Jordin Pinkus courtesy Chick Corea Prod

収録されている楽曲は、モーツァルト、スカルラッティ、スクリャービン、ショパンなど、300年の音楽史に名を残すクラシックのレパートリー、さらに、ガーシュウィン、ビル・エヴァンス、セロニアス・モンク、アントニオ・カルロス・ジョビン、グレート・アメリカン・ソングブック、スティーヴァ―・ワンダー、そして自身のオリジナルやインプロヴィゼーションまで、クラシックから、ジャズ、ボサノヴァ、ソウルまでまで、ジャンルを超えて偉大な作曲家の系譜を辿った内容。

さらに、演奏だけでなく、コリアの語りも収録した本作では、温かくウィットに富んだ観客との対話や、コリアがお気に入りの作曲家たちの曲をペアリングすることで、モーツァルトから現在までのスタイル、ジャンル、時代の架け橋となる意外な共通点を明らかにしていることも興味深い。
アルバムの最後は、チック・コリアが、1984年に ECMレーベル で 最初に録音した20曲入りのコレクションから、8つの「チルドレンズ・ソング」で締めくくられている。

全ての曲が、チック・コリアによって昇華され、ソロ演奏でありながらも、圧倒的な説得力を持った、心地よいプレイが楽しめる。


私はある種の血統の一部なのです。
私がやっていることは、モンクがやったこと、ビル・エヴァンスやデューク・エリントンがやったことと似ていて、また別の音楽の時代に戻って、バッハやモーツァルト、ベートーヴェンがやったことと似ています。
これらのピアニストは皆、心の底から作曲家であり、自分たちの音楽家を集めて演奏していました。
その伝統の一部であることを誇りに思います。

ーー チック・コリア


Chick Corea – Mozart: Piano Sonata in F, KV332 (2nd Part – Adagio)

Chick Corea – Pastime Paradise (Official Audio)

Chick Corea – Yesterdays (Official Audio)


リリース情報

Chick Corea ”PLAYS”
チック・コリア 「プレイズ」


ライブ・アルバム CD(2枚組)ハイレゾ仕様(MQA/UHQCD)
2020年8月28日発売
UCCO-8036/7
¥4,840 (税込)
Concord Jazz / UNIVERSAL MUSIC


収録内容

CD 1
1 モーツァルトとガーシュウィンについて語る 
  Chick Talks Mozart and Gershwin
2 モーツァルト:ピアノソナタ第12番 ヘ長調 K.332 (第2楽章:アダージョ)
  Mozart: Piano Sonata in F, KV332 (2nd Part – Adagio)
3 ガーシュウィン:サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー
  Someone to Watch Over Me
4 インプロヴィゼーション・オン・スカルラッティ * 
  Improvisation on Scarlatti
5 スカルラッティ:ソナタ ニ短調 K9., L413 アレグロ * 
  Scarlatti: Sonata in D minor K9, L413 Allegro
6 カーン:イエスタデイズ * 
  Yesterdays
7 ビル・エヴァンスとアントニオ・カルロス・ジョビンについて語る ** 
  Chick Talks Bill Evans and Antonio Jobim
8 エヴァンス:ワルツ・フォー・デビイ **
  Waltz for Debby
9 ジョビン:デサフィナ―ド **
  Desafinado
10 ショパン:24のプレリュード(前奏曲集)第4番 ホ短調 Op.28-4  * 
  Chopin: Prelude Op. 28 #4
11 スクリャービン:24の前奏曲 作品11 (パート1) #4  * 
  Scriabin: Prelude Op.11 (Part 1) #4
12 モンクについて語る  ** 
  Chick Talks Monk
13 モンク:パノニカ ** 
  Pannonica
14 モンク:トゥインクル・ティンクル ** 
  Trinkle Tinkle
15 モンク:ブルー・モンク ** 
  Blue Monk

CD 2
1 ワンダー:楽園の彼方へ
  Pastime Paradise
2 パコ・デ・ルシアについて語る
  Chick Talks Paco
3 コリア:イエロー・ニンバス *
  The Yellow Nimbus
4 『ポートレイト』について語る *
  Chick Talks Portraits
5 コリア: ポートレイト「ヘンリエッタ」 *
  Portrait: Henrietta 
6 コリア: ポートレイト「クリス」 *
  Portrait: Chris
7 デュエットについて語る *
  Chick Talks Duets
8 コリア: デュエット「ヤロン」/ ft. ヤロン・ヘルマン *
  Duet: Yaron / ft. Yaron Herman
9 コリア: デュエット「シャルル」 / ft. シャルル・エッセール* 
  Duet: Charles / ft. Charles Heisser
10 『チルドレンズ・ソング』について語る *
  Children’s Songs
11 コリア:チルドレンズ・ソング No.1 *
  Chick Talks Children’s Song No. 1
12 コリア:チルドレンズ・ソング No. 3 *
  Chick Talks Children’s Song No. 3
13 コリア:チルドレンズ・ソング No. 4 *
  Chick Talks Children’s Song No. 4
14 コリア:チルドレンズ・ソング No. 9 *
  Chick Talks Children’s Song No. 9
15 コリア:チルドレンズ・ソング No. 10 *
  Chick Talks Children’s Song No. 10
16 コリア:チルドレンズ・ソング No. 15 *
  Chick Talks Children’s Song No. 15
17 コリア:チルドレンズ・ソング No. 17 *
  Chick Talks Children’s Song No. 17
18 コリア:チルドレンズ・ソング No. 12 *
  Chick Talks Children’s Song No. 12

<ライブ録音>
2018年 4月26日 パリ、フォンダシオン・ルイ・ヴィトン  *印
2018年 4月28日 ベルリン、アポステル・パウルス教会   **印
2018年 8月17日 クリアウォーター、キャピトル・シアター  印なし

<パーソネル>
チック・コリア(Pf) 
except CD2 M-8 : ft.ヤロン・ヘルマン,
except CD2 M-9 : ft.シャルル・エッセール


チック・コリア ユニバーサルミュージック


チック・コリア オフィシャルサイト

チック・コリア YouTube チャンネル



海外プレス・リリース

「ソロ・ピアノは孤独です」とチック・コリアは言うが、伝説的なピアニストはこの魅惑的なダブル・アルバムに収録されているソロ演奏の中では常に仲間と一緒に演奏している。本作『プレイズ』では、コリアは音楽の歴史を代表するお気に入りの作曲家たちと共演し、ヨーロッパやアメリカのコンサートホールで熱狂的な聴衆との共演を果たしている。

コリアのソロは相変わらず探求的で独創的だが、『プレイズ』のトーンは明らかに共同体的なものとなっている。それは、ジャズ界の巨匠コリアの温かくウィットに富んだ聴衆との対話から来ているだけでなく、彼の作品を讃える象徴的な作曲家たちとのつながりを作る方法から来ているのだ。彼はまた、これらの作曲家を会話の中に配置し、お気に入りの曲をペアリングすることで、モーツァルトから現在に至るまでのスタイル、ジャンル、時代の架け橋となるような驚くべき共通点が明らかになる。

「私は一つの系統の一部なのです」とコリアは説明する。「私がやっていることは、モンクがやったこと、ビル・エヴァンスやデューク・エリントンがやったことと似ていて、バッハやモーツァルト、ベートーヴェンがやったことと、音楽の別の時代にさかのぼっています。これらのピアニストは皆、心の底から作曲家であり、自分たちの音楽家を集めて演奏していました。その伝統の一部であることを誇りに思います。」

『プレイズ』で紹介されている作曲家たちは、コリアがこれまでキーボードで受けた影響の幅広い範囲を表している。彼は、ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト、ドメニコ・スカルラッティ、アレクサンダー・スクリャービン、フレデリック・ショパンなど、300年の音楽史に残るクラシックのレパートリーにまで遡る。

彼がジャズで影響を受けたのはビル・エヴァンスやセロニアス・モンクなどだが、アントニオ・カルロス・ジョビンのボサノヴァの美しさが、コリアの音楽に長い間アクセントを与えてきたラテン的な色合いを加えている。The Great American Songbookからは、ガーシュウィンやジェローム・カーンが演奏されているが、スティーヴェー・ワンダーはより現代的なポップな感性をほのめかしているように見える。

これらの曲の多くはお馴染みだが、コリアは “Desafinado “から “Yesterdays”、”Trinkle Tinkle “や “Pastime Paradise “まで、よく旅をしてきたクラシックを収録している。美味しいワインと相性の良いグルメ料理のように、モーツァルトのソナタとガーシュウィンのスタンダードがセットになっていたり、ビル・エヴァンスの切ない “ワルツ・フォー・デビイ “と時代を超えたジョビンのメロディがセットになっていたりすると、微妙なニュアンスが浮かび上がってくる。

「スカルラッティのソナタを初めてジャズの聴衆の前で演奏したとき、自分が演奏していたものの幅が広がっていきました。私にはとても合っていて違和感がなかったのですが、聴衆にとってはモーツァルトの曲とガーシュウィンの曲を一緒に演奏するのは少し珍しいことだと思ったようです。モーツァルトとガーシュウィンは何の関係があるのか?それは聴き手次第ですが、私には似たようなものなのです。」

最後に、これらの巨人と同列に語られるに値する作曲家の一人は、チック・コリア自身である。この曲は、親友であり協力者でもあるフラメンコ・ギターの名手、故パコ・デ・ルシアに敬意を表して再演されたものである。

このセットは、コリアが1984年にECMのために最初に録音した20曲入りのコレクションからの8つの選曲で締めくくられている。これらのミニチュアは、幼い子供の想像力に内在する自由と創造性の精神に基づいて書かれたもので、コリアの音楽を豊かにするもう一つの方法は「遊び」の感覚。

「子供たちは自由奔放で喜びに満ちています。彼らはまだ人生について発見したばかりなので、開放的で、周囲の人や他の人とのコミュニケーションがとても活発なのです」と作曲家は言う。「その感覚を『童謡』で捉えようとしたのです」と。

『プレイズ』は、当然ながら、コリアの他に類を見ないピアノの達人ぶりに溢れており、半世紀以上に及ぶキャリアの中で、最新のスリリングな進化を遂げている。しかし、この曲は作曲家の仕事を見ることができる貴重な機会でもある。この練習は、ピアニストと彼のいとこたちが家族の集まりで子供の頃にやっていたゲームに由来している。より洗練された形では、作曲家は、愛らしくエレガントな「ヘンリエッタ」や、ずる賢くてたくましい「クリス」などの題材の顔にインスピレーションを得ている。

観客は、自然発生的な即興のデュエットのペアで、より直接的な方法で音楽を形作るのを助けている。コリアは、ベンチでボランティアを募っても誰が来るかわからないので、4歳児のミステリアスな人から、有能な中年アマチュアの人までいるのだ『プレイズ』に収録の2つのデュエットには、音楽院で学んだフランスのクラシックピアニスト、シャルル・エッセールと、ブルーノートやデッカ・レコードからアルバムをリリースしているフランス・イスラエルのジャズ・ピアニスト、ヤロン・ヘルマンの2人が参加している。しかし、この短いデュエットのために選ばれた時には、二人ともただの聴衆だった。

「彼らがプロだとは知りませんでした」とコリアは笑う。
「でも、ピアニストをステージに呼んで一緒に即興で演奏してもらうのはいつも楽しいものです。」

コリアにとって “楽しい “という言葉は、彼がどれほどシリアスな音楽を考え出したとしても、有効な言葉だ。それは、タイトルの “Plays “に内在する第二の意味であり、このアルバムの遊び心を暗示している。「ピアノは、即興演奏や作曲、創作をするための道具になり得ることを知るまでは、私にとっておもちゃだったのです。でも、それは今でもおもちゃなんです。トリオは私の初恋だったので、ソロ・ピアノを弾くときは、ステージに出て楽しみたいのです」。

気さくな司会者であるコリアは、聴衆にも楽しい時間を過ごしてもらうように心がけている。Playsでの音楽と同様に重要なのは、観客との対話であり、観客はそれぞれの個性を持っている。「個人的には、観客とたくさん話すことが必要だと思っています。特にソロで演奏している時は、ステージに座って演奏して、うなずくだけでは居心地が悪い気がします。私のリヴィングルームにいるように感じてもらいたいのです。」