スティーヴ・ガッド・バンド 「アット・ブルーノート・トーキョー」 -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

MUSIC GUIDE Recommend!


ニューリリース情報

新作 CD ライブ アルバム ! スティーヴ・ガッド・バンド

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

Steve Gadd Band ”AT BLUE NOTE TOKYO”

スティーヴ・ガッド・バンド

Live Album『アット・ブルーノート・トーキョー』


★「ドラムの神様」とも呼ばれるセッション・ドラマー、スティーヴ・ガッド!
★ 2019年、ブルーノート東京でのライブ録音盤!
★ デヴィッド・スピノザ、ジミー・ジョンソン、ケヴィン・ヘイズが参加!
★ ライブでしか聴けないドライブ感と空気感を堪能できるアルバム!


「ドラムの神様」とも呼ばれ、幅広いジャンルで活躍するセッション・ドラマー、スティーヴ・ガッドが、2019年に Blue Note Tokyo で行ったジャパン・ツアーの中から、12月18日公演のステージを収録したライブ・アルバムが、2021年4月2日に発売された。

2013年に「スティーヴ・ガッド・バンド」を結成して以来、2015年より作品を続々とリリースし、本作のライブ・アルバムを含めて実に8年の間で5作のアルバムを発表するなど、精力的に活動を続けている。
 
2018年に発表した前作セルフ・タイトル『スティーヴ・ガッド・バンド』は、2018年グラミー賞ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバムを受賞し、今作は受賞後初の作品となる。
 
今回のライブ盤では、朋友でもあり、伝説的ギタリストでもあるデヴィッド・スピノザをはじめ、ケヴィン・ヘイズ、ジミー・ジョンソンら、凄腕ミュージシャン達と、2019年12月16日~18日まで敢行したジャパン・ツアーの模様を収録。
 
しなやかながら音楽全体を俯瞰し、“音楽が必要とされた時に、必要な音だけを出す”、それでいてダイナミックスを伴うガッドのパフォーマンスが堪能することが出来る作品。
 
鉄壁なグルーヴに完璧なテクニック、そしてスキルの高いミュージシャン達との呼吸や空気感まで感じられるステージ……、ライブでしか聴けないドライブ感を堪能できるアルバム! イイ音で録れてます!


STEVE GADD BAND JAPAN TOUR 2019@BLUE NOTE TOKYO (12.16 mon.)
2019年 公演告知のトレイラー映像


リリース情報

Steve Gadd Band ”AT BLUE NOTE TOKYO”
スティーヴ・ガッド・バンド 『アット・ブルーノート・トーキョー』

アルバム CD / Digital
2021年4月2日発売
VICJ-61787
¥2,750(税込)
Victor Entertainment

【収録曲】
01 Where’s Earth
02 Doesn’t She Know By Now
03 Timpanogos
04 Hidden Drive
05 Walk With Me
06 One Point Five
07 Way Back Home
08 Rat Race
09 Watching The River Flow
10 Fomeothapy  ※日本盤ボーナス・トラック

収録:2019年12月18日、Blue Note Tokyo にて収録

【パーソネル】
Steve Gadd スティーヴ・ガッド (ドラムス)
Jimmy Johnson ジミー・ジョンソン (ベース)
David Spinozza デヴィッド・スピノザ (ギター)
Kevin Hays ケヴィン・ヘイズ (キーボード)
Walt Fowler ウォルト・ファウラー(フリューゲルホーン、トランペット)


各配信サイト


スティーヴ・ガッド ビクターエンタテインメント


スティーヴ・ガッド オフィシャルサイト



Steve Gadd プロフィール

1945年、米国ニューヨーク州ロチェスターに生まれ。7歳でドラムをはじめ、マンハッタン音楽学校で学んだ後、イーストマン音楽院を卒業。
その後、チャック・マンジョーネと共演して頭角を現し、3年間の軍隊生活を経て、1971年ニューヨークに移り、スタジオ・ミュージシャンとして活動をはじめた。

レコーディングに参加したセッションは数百に及び、カーリー・サイモン、フィービー・スノー、アレサ・フランクリン、アル・ディ・メオラ、デヴィッド・サンボーン、ジョー・サンプル、リッキー・リー・ジョーンズ、ジョームス・テイラー 他、数えきれない。

また、ゴードン・エドワーズ、コーネル・デュプリー、エリック・ゲイル、リチャード・ティーらとのスーパーバンド「スタッフ」のメンバーとしても活躍。

さらに、自身のバンド「Gadd Gang」結成し、レコーディングやツアーを行いながら、ポール・サイモンや、エリック・クラプトン他数々のグラミー賞受賞アーティストのレコーディングやツアーにも参加。
近年ではジェームス・テイラーのバンドのメンバーとしても活躍する。


Steve Gadd – Aja Drum Fills!

Steve Gadd Band 2018