2CELLOSのハウザー、日本時間 4月28日 深夜2時より、故郷クロアチアにあるローマ時代の遺跡から特別演奏映像公開! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

2CELLOSのハウザー、日本時間 4月28日 深夜2時より、故郷クロアチアにあるローマ時代の遺跡から特別演奏映像公開!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

HAUSER ハウザー(2CELLOS)

チェリストのハウザー(2CELLOS)が、故郷クロアチアのプーラから特別パフォーマンス映像を現地時間4月27日19時 (日本時間 28日深夜2時) に公開する。
この演奏映像は新型コロナウイルス感染拡大の日々最前線に立って対処する人々に捧げられ、『ALONE,TOGETHER FROM ARENA PULA』(アローン、トゥゲザー・フロム・アリーナ・プーラ) というタイトルのもとハウザーの公式 YouTube チャンネルから世界同時公開される。


パフォーマンスは、アドリア海に面したハウザーの地元プーラにあるローマ時代の円形闘技場「アリーナ・プーラ(Arena Pula)」に於いて無観客で行われ、現地時間27日19時、日本は深夜2時に公開予定。
この演奏には、医療従事者のみならず感染拡大防止のため外出自粛により不安な日々を耐える全ての人々に、緊張からの解放と安らぎの時間を音楽で提供できたらというハウザーの強い願いが込められている。

HAUSER: ‘Alone, Together’ – from Arena Pula

ハウザーは、2011年1月20日にマイケル・ジャクソンの「スムーズ・クリミナル」のカバーを、ルカ・スーリッチと2本のチェロで演奏した映像をYouTubeに投稿したのがきっかけで、2CELLOS としてデビュー。今年、2020年2月には初のソロ・アルバム『クラシック』を発表。自らのルーツに戻ったクラシック・アルバムとなる新作では、バッハやモーツァルト、ショパン、チャイコフスキー等自身がセレクトした不朽のメロディがチェロで綴られている。人の心を癒し、インスピレーションを与えるこれらの名曲を奏でることについてハウザーは「今世界に必要なのはこれらのメロディ。魂と心を込めて、チェロで演奏したこの音楽なんだ」とアーティストとしての使命感を語る。録音はロンドン交響楽団との共演により2019年6月 ロンドンのヘンリー・ウッド・ホールで行われた。

Photo : Roger Rich


リリース情報

ステファン・ハウザー『クラシック』 (原題:CLASSIC)
2020年2月5日発売 *日本先行発売
SICC30550 (BSCD2)
¥2500+税

演奏:ハウザー(チェロ)、ロバート・ジーグラー指揮ロンドン交響楽団(1-16)、フックス指揮ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団(17)
録音:2019年6月8&17日ロンドン、ヘンリーウッド・ホール(1-16)/ 2017年10月ザグレブ(17)


収録曲 (全17曲)

1.チャイコフスキー:白鳥の湖 (公開中)
2.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番より第2楽章
3.ダッラ:カルーソー
4.バッハ:G線上のアリア
5.チャイコフスキー:くるみ割り人形よりパ・ド・ドゥ
6.モーツァルト:クラリネット協奏曲より第2楽章
7.ショパン:夜想曲第20番嬰ハ短調
8.マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナより間奏曲
9.イルマ:リヴァー・フロウズ・イン・ユー (公開中)
10.ヘンデル:リナルドより涙の流れるままに
11.ラスト:孤独な羊飼い
12.モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番より第2楽章
13.ボロディン:夜想曲
14.プッチーニ:トゥーランドットより誰も寝てはならぬ
15.モーツァルト:レクイエムより涙の日
16.バーバー:弦楽のためのアダージョ
17.サン=サーンス:白鳥  ☆日本盤ボーナス・トラック


詳しくはコチラ!ソニーミュージック

試聴・購入はコチラ!ソニーミュージック


HAUSER – Caruso
HAUSER – Piano Concerto No. 21 (Mozart)
HAUSER – Air on the G String (J. S. Bach)
HAUSER – Swan Lake
「誰も寝てはならぬ」