1970年ライヴとスタジオ録音を組み合わせた2枚組『ライヴ・イヴル』が、幻の4chミックスで約半世紀ぶりに復活!SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディションで2020年1月22日発売! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

1970年ライヴとスタジオ録音を組み合わせた2枚組『ライヴ・イヴル』が、幻の4chミックスで約半世紀ぶりに復活!SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディションで2020年1月22日発売!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

マイルス・デイビス Miles Davis

 マイルス・デイビスが1970年に傑作『ビッチェズ・ブリュー』を発表してから来年で50年となる。ロックやファンクの要素を取り入れながら新しいサウンドを追求し続けた帝王マイルスの、1970年ライヴとスタジオ録音を組み合わせた2枚組『ライヴ・イヴル』がSA-CDマルチ(4ch)ハイブリッド盤で2020年1月22日発売される。
 これまでリリースされてきたステレオ・ミックスとは別の4チャンネル・ミックスを収録した<クアドラフォニック>ヴァージョンが、SA-CDマルチ(フロント・リアの4チャンネル)で世界初復活となる。SA-CDステレオ/CDについてもアナログ・マスターから新たにマスタリングされ、SA-CD4ch&2chとCDが1枚で聴けるハイブリッド・ディスクでの日本独自リリースとなる。
 『ライヴ・イヴル』は1970年12月19日ワシントンDCのセラー・ドアでのライヴ録音と同年2月と6月のスタジオ・テイクで構成されており、1971年11月に世界発売された。
 参加メンバーにはチック・コリア、ハービー・ハンコック、キース・ジャレット、ジョー・ザヴィヌル、ジョン・マクラフリン、デイヴ・ホランド、ロン・カーター、ゲイリー・バーツ、ウェイン・ショーター等錚々たるメンツがクレジットされ、プロデュースはテオ・マセロが手掛けている。
 “過去共演した中で最もすごかった奴はキースだ”、とマイルスに言わしめた20代半ばのキース・ジャレットの壮絶なエレピ・ソロをはじめ、若き日のジョン・マクラフリンやジャック・ディジョネット、ファンク・グルーヴたっぷりマイケル・ヘンダーソン等エネルギー溢れる衝撃の魂のプレイは49年経過した今もなお聴く者の心を熱くする。
 1970年半ばまで一般発売されていた専用オーディオ・システムが世の中から消えてしまったため、クアドラフォニック盤が一体どんな音だったのか謎に包まれたまま何十年という時が経過。約半世紀を経て今蘇る、そこにマイルスが演奏しているかのようなその存在を感じるみずみずしくもリアルな音空間に身をおきながら、私たちはあらためてマイルスの創造する凄まじき宇宙にひきこまれる。
 アートワークは1973年3月にクアドラフォニック国内盤が発売された当時のアナログ・ジャケットを復刻している。

リリース情報

マイルス・デイビス『ライヴ・イヴル』SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション
2020年1月22日発売/完全生産限定盤/日本独自企画
品番:SICJ10012〜3 (2枚組ハイブリッド・ディスク)
定価:5000円+税
ソニー・ミュージックジャパンインターショナル

収録曲

DISC 1
1シヴァード
2 リトル・チャーチ
3 メドレー:ジェミニ〜ダブル・イメージ
4 ホワット・アイ・セイ
5 ネイム・ウーム・タルヴェズ

DISC 2
1 セリム
2 ファンキー・トンク
3 イナモラータ・アンド・ナレーション

パーソネル

マイルス・デイビス(トランペット)
ゲイリー・バーツ、スティーヴ・グロスマン、ウェイン・ショーター(サックス)
ジョン・マクラフリン(ギター)
キース・ジャレット、チック・コリア、ジョー・ザヴィヌル(キーボード)
マイケル・ヘンダーソン,デイヴ・ホランド,ロン・カーター(ベース)
ジャック・ディジョネット,ビリー・コブハム(ドラムス)
アイアート・モレイラ(パーカッション)
エルメート・パスコアール(ヴォーカル、ドラムス)
カリル・バラクリシュナ(シタール)

詳しくはコチラ!ソニー・ミュージック

Photo by Don Hunstein