ジョージ・ハリスン、1970年の名盤 『オール・シングス・マスト・パス』が、発売50周年を記念して初のマルチ・フォーマットで 8月6日に発売! 5CD+1BD(audio)のスーパー・デラックス・エディションには、収録70曲のうち 42曲が 未発表音源! デモ、セッション・アウトテイク、スタジオ・ジャム! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

ジョージ・ハリスン、1970年の名盤 『オール・シングス・マスト・パス』が、発売50周年を記念して初のマルチ・フォーマットで 8月6日に発売! 5CD+1BD(audio)のスーパー・デラックス・エディションには、収録70曲のうち 42曲が 未発表音源! デモ、セッション・アウトテイク、スタジオ・ジャム!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

George Harrison ジョージ・ハリスン

ジョージ・ハリスンが 1970年に発表した名盤『オール・シングス・マスト・パス』は、全英と全米で 1位を獲得した「マイ・スウィート・ロード」や、全米10位を記録した「美しき人生」などを収録したソロ3作目。

LP3枚組というボリュームにもかかわらず英米で1位に輝くなど彼の代表作にして不屈の名盤。

リンゴ・スター、エリック・クラプトン、デイヴ・メイソン、アラン・ホワイト、ゲイリー・ライト、ビリー・プレストン、バッドフィンガーら豪華ゲストが参加しており、プロデュースはジョージとフィル・スペクター。

その『オール・シングス・マスト・パス』が、今年で 発売50周年となるのを記念して、8月6日に初のマルチ・フォーマットで発売される。未発表のデモ、セッション・アウトテイク、スタジオ・ジャム音源も多数収録される。

「作り始める前から、いいアルバムができるってことはわかっていた。というのも、手持ちの曲が本当にたくさんあったし、エネルギーも本当にたくさんあったからね。あれやこれやのあとで自分のアルバムをついに作るのは……楽しかった。夢の中でも、とびきりの夢だった」
ーー ジョージ・ハリスン

Photo by Barry Feinstein

ザ・ビートルズが 1970年4月に解散したあとにレコーディングされたジョージ・ハリスンの画期的なソロ・アルバム『オール・シングス・マスト・パス』は、大胆不敵なアーティストによる力強い決意表明だった。

ジョージとフィル・スペクターが共同でプロデュースしたこの全23曲のアルバム『オール・シングス・マスト・パス』は、50年を経た今も野心的な大作として評価され続けている。ここではジョージのソングライターとしての驚くべき才能、力強い精神性、さらには彼の唯一無二の個性と仲間のミュージシャンたちの友情が露わになっている。

『オール・シングス・マスト・パス』は、ソングライターおよびミュージシャンとしてのジョージがようやくひとりのアーティストとして遅ればせながら世に問うた作品だった。

初の3枚組スタジオ・アルバムとなった『オール・シングス・マスト・パス』にはさまざまなアイデアや音楽スタイル、影響があふれており、ロックンロール、カントリー、ゴスペル、ブルース、ポップス、フォーク、R&B、インド古典音楽、宗教歌など多種多様な要素が取り入れられている。このアルバムは大ヒットし、ジョージ本人も気に入っていた。

しかし、2001年の30周年記念リマスターの自筆ライナーノートで彼は次のように記している。
「 このアルバムの曲は今でも好きだし、レコーディングされた当時のスタイルそのものよりも命脈を保つと信じている。」
とはいえ
「 すべての曲をリミックスするというアイデアには抵抗しづらい。当時は分厚い音作りが相応しいように思えたが、長い年月を経た今、僕はそうした音作りからいくつかの曲を解放したいと考えている。」

それから20年かけてハリスン・ファミリーが愛情たっぷりに準備した今回の『オール・シングス・マスト・パス』50周年記念盤では、ジョージの長年の願いであったアルバム全曲のオリジナル・マスターテープからのリミックスが遂に実現した。

UNIVERSAL MUSIC STORE 限定「Uber Deluxe Edition」(輸入盤のみ)

エグゼクティヴ・プロデューサーはダーニ・ハリスンが、またプロダクト・プロデューサーはデヴィッド・ゾンシャインがそれぞれ担当。

ミキシングは、グラミー賞を3度受賞したエンジニアのポール・ヒックス (ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、ジョン・レノン) が手がけている。

今回のニュー・ミックスによって音質は向上し、このアルバムがより明るく、より豊かで、より素晴らしいものに仕上げられている。


All Things Must Pass 50th Anniversary (Official Trailer)
アルバム・トレイラー

George Harrison – Run Of The Mill (Take 36)
「ラン・オブ・ザ・ミル」(テイク36)

George Harrison – All Things Must Pass (2020 Mix / Audio)
「オール・シングス・マスト・パス」(2020ミックス)


リリース情報

George Harrison ”All Things Must Pass 50th Anniversary Edition”
ジョージ・ハリスン 「オール・シングス・マスト・パス」50周年記念

2021年8月6日発売
UNIVERSAL MUSIC

<全5形態>
①「スーパー・デラックス・エディション(5 CD + 1 Blu-ray Audio)」
②「3CD デラックス・エディション」(3 CD)
③「2CD エディション」(2 CD)
④「スーパー・デラックス・LP エディション」
⑤ Uber Deluxe Edition


商品フォーマット


① 50周年記念 スーパー・デラックス・エディション(5 CD + 1 Blu-ray Audio)UICY-79729 20,900円
・新リミックス(一部新リマスター)
・5枚のCD: 70曲収録(うち42曲は未発表のデモ、セッション・アウトテイク、スタジオ・ジャム音源)
・ブルーレイにはオリジナル・アルバムのHDステレオ、5.1サラウンド、ドルビー・アトモスのオーディオを収録
・オリヴィア・ハリスンが監修した全60ページの豪華スクラップブック[当時の未公開写真や記念品、手書きの歌詞、日記、スタジオでのメモ、テープ保管箱の画像、包括的な各曲解説などが収録]付
・ポスター付


② 50周年記念 3CD デラックス・エディション UICY-79730/2 5,500円
・新リミックス(一部新リマスター)
・オリジナル・アルバム(CD1, CD2)+セッション・アウトテイクス&ジャムズ音源(CD3)
・ポスター付


③ 50周年記念 2CD エディション UICY-15999/600 / 3,960円
・新リミックス(一部新リマスター)
・ポスター付


④ 50周年記念 スーパー・デラックス・LP エディション(8 LP)UIJY-75194/201 35,200円
・直輸入仕様
・新リミックス(一部新リマスター)
・8枚のLP(180g): 70曲収録(うち42曲は未発表のデモ、セッション・アウトテイク、スタジオ・ジャム音源)
・オリヴィア・ハリスンが監修した全60ページの豪華スクラップブック[当時の未公開写真や記念品、手書きの歌詞、日記、スタジオでのメモ、テープ保管箱の画像、包括的な各曲解説などが収録]付
・ポスター付


⑤ Uber Deluxe Edition(8LP / 5CD + blu-ray)UNIVERSAL MUSIC STORE 限定(輸入盤のみ)
・UNIVERSAL MUSIC STOREで独占限定販売される”Uber Deluxe Edition”は、LP8枚またはCD5枚+ブルーレイ・オーディオ・ディスク1枚を特殊デザインの木製ボックス (約12.4インチ×12.4インチ×17.5インチ) に収めている。
 このコレクションにはブックレットが2冊含まれており、うち1冊はオリヴィア・ハリスンが監修した全96ページの拡張版スクラップブックとなっている。こちらも当時の未公開写真や記念品、手書きの歌詞、日記、スタジオでのメモ、テープ保管箱の画像、包括的な各曲解説などで構成されている。
 もう1冊は『All Things Must Pass』の制作過程を記録した全44ページのブックレットで、過去のインタビューや詳細な解説を読むことができる。この豪華なデザインなブックレットは庭作りや自然を好んだジョージへのオマージュとなっており、ジョージの自宅フライアー・パークにあるヨーロッパナラの倒木から作られた木製のしおりも添付されている。
・このボックスには、あの伝説的なアルバム・ジャケットに登場する妖精やジョージの1/6スケールの複製人形、ミュージシャン/アーティストのクラウス・フォアマンによる限定イラスト、さらにはパラマハンサ・ヨガナンダの著作『ライト・フロム・ザ・グレート・ワンズ』やルドラークシャ・ビーズ (特製ボックス入り) も同梱。


収録内容(Super Deluxe Edition)

[ディスク1]
01 アイド・ハヴ・ユー・エニイタイム
02 マイ・スウィート・ロード
03 ワー・ワー
04 イズント・イット・ア・ピティー
05 美しき人生
06 イフ・ノット・フォー・ユー
07 ビハインド・ザット・ロックト・ドア
08 レット・イット・ダウン
09 ラン・オブ・ザ・ミル

[ディスク2]
01 ビウェア・オブ・ダークネス
02 アップル・スクラッフス
03 サー・フランキー・クリスプのバラード
04 アウェイティング・オン・ユー・オール
05 オール・シングス・マスト・パス
06 アイ・ディッグ・ラヴ
07 アート・オブ・ダイイング
08 イズント・イット・ア・ピティー
09 ヒア・ミー・ロード
10 アウト・オブ・ザ・ブルー *
11 ジョニーの誕生日 *
12 プラッグ・ミー・イン *
13 アイ・リメンバー・ジープ *
14 サンクス・フォー・ザ・ペッパロニ *
*新リマスター

[ディスク3(Day 1 Demos – 1970年5月26日火曜日)]
01 オール・シングス・マスト・パス – テイク1 +
02 ビハインド・ザット・ロックト・ドア – テイク2
03 アイ・リヴ・フォー・ユー – テイク1
04 アップル・スクラッフス – テイク1
05 美しき人生 – テイク3
06 アウェイティング・オン・ユー・オール – テイク1 +
07 イズント・イット・ア・ピティー – テイク2
08 アイド・ハヴ・ユー・エニイタイム – テイク1
09 アイ・ディッグ・ラヴ – テイク1
10 ゴーイング・ダウン・トゥ・ゴールダーズ・グリーン – テイク1
11 デーラー・ドゥーン – テイク2
12 オム・ハレ・オム – テイク1
13 サー・フランキー・クリスプのバラード – テイク2
14 マイ・スウィート・ロード – テイク1 +
15 サワー・ミルク・シー – テイク1

[ディスク4(Day 2 Demos – 1970年5月27日 水曜日)]
01 ラン・オブ・ザ・ミル – テイク1 +
02 アート・オブ・ダイイング – テイク1
03 エヴリバディ/ノーバディ – テイク1
04 ワー・ワー – テイク1
05 ウィンドー・ウィンドー – テイク1
06 ビューティフル・ガール – テイク1
07 ビウェア・オブ・ダークネス – テイク1 +
08 レット・イット・ダウン – テイク1
09 テル・ミー・ホワット・ハズ・ハプンド・トウ・ユー – テイク1
10 ヒア・ミー・ロード – テイク1
11 ノーホエア・トゥ・ゴー – テイク1
12 コスミック・エンパイア – テイク1
13 マザー・ディヴァイン – テイク1
14 アイ・ドント・ウォント・トゥ・ドゥ・イット – テイク1
15 イフ・ノット・フォー・ユー – テイク1
+ 発表済トラック

[ディスク5 セッション・アウトテイクス&ジャムズ]
01 イズント・イット・ア・ピティー – テイク14
02 ワー・ワー – テイク1
03 アイド・ハヴ・ユー・エニイタイム – テイク5
04 アート・オブ・ダイイング – テイク1
05 イズント・イット・ア・ピティー – テイク27
06 イフ・ノット・フォー・ユー – テイク2
07 ウェディング・ベルズ – テイク1
08 美しき人生 – テイク1
09 ビウェア・オブ・ダークネス – テイク8
10 ヒア・ミー・ロード – テイク5
11 レット・イット・ダウン – テイク1
12 ラン・オブ・ザ・ミル – テイク36
13 ダウン・トゥ・ザ・リヴァー – テイク1
14 ゲット・バック – テイク1
15 オールモスト・12・バー・ホンキー・トンク – テイク1
16 ジョニーの誕生日 – テイク1
17 僕のために泣かないで – テイク5

[ブルーレイ(メイン・アルバムのみ:サラウンド、アトモス、ハイレゾ)音源のみ]
01 アイド・ハヴ・ユー・エニイタイム
02 マイ・スウィート・ロード
03 ワー・ワー
04 イズント・イット・ア・ピティー
05 美しき人生
06 イフ・ノット・フォー・ユー
07 ビハインド・ザット・ロックト・ドア
08 レット・イット・ダウン
09 ラン・オブ・ザ・ミル
10 ビウェア・オブ・ダークネス
11 アップル・スクラッフス
12 サー・フランキー・クリスプのバラード
13 アウェイティング・オン・ユー・オール
14 オール・シングス・マスト・パス
15 アイ・ディッグ・ラヴ
16 アート・オブ・ダイイング
17 イズント・イット・ア・ピティー
18 ヒア・ミー・ロード
19 アウト・オブ・ザ・ブルー
20 ジョニーの誕生日
21 プラッグ・ミー・イン
22 アイ・リメンバー・ジープ
23 サンクス・フォー・ザ・ペッパロニ


「オール・シングス・マスト・パス」(2020ミックス) 各配信サイト


ショージ・ハリスン ユニバーサルミュージック

UNIVERSAL MUSIC STORE


ショージ・ハリスン オフィシャルサイト

ショージ・ハリスン YouTube





MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧