クイーンの再来と言われる英国出身の 4人組 ロックバンド「ザ・ストラッツ」が、クイーン「ウィ・ウィル・ロック・ユー」カバーのピアノ・パフォーマンス・ビデオを公開!「クイーン」ブライアン・メイのお墨付き! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

クイーンの再来と言われる英国出身の 4人組 ロックバンド「ザ・ストラッツ」が、クイーン「ウィ・ウィル・ロック・ユー」カバーのピアノ・パフォーマンス・ビデオを公開!「クイーン」ブライアン・メイのお墨付き!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

THE STRUTS ザ・ストラッツ

「クイーンの再来」と称される 英国出身の 4人組 ロックバンド「ザ・ストラッツ」。 70年代のグラム・ロックに影響され、2012年、イギリスのダービーで結成。2015年に活動のベースをアメリカに移してファーストアルバムを全米リリース。

ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・フー、ガンズ・アンド・ローゼズ、フー・ファイターズなど偉大なロック・バンドのサポート・アクトにも抜擢され、2015年末にはモトリー・クルー“FINAL TOUR”のラスト4日間のサポート・アクトを務めた。

Photo by Beth Saravo

その「ザ・ストラッツ」が、クイーン「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のカバー・バージョンを、5月14日に配信リリースした。

「ウィ・ウィル・ロック・ユー」は、デビューアルバム『エヴリバディ・ウォンツ』の日本盤にボーナス・トラックとして収録されているが、今回、アメリカで「LG Electronics」のキャンペーンCMに起用されたことで、グローバル・リリースとなった。

そして、5月20日には、ボーカルのルーク・スピラーによるピアノ・パフォーマンス・ビデオが公開された。

ザ・ストラッツがクイーンの大ファンであり影響を受けていることは、ロック・ファンの間でもよく知られている。そんな彼らの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を、クイーンのブライアン・メイがインスタグラムでシェアし”Nice job guys”とポストしている。

ザ・ストラッツは、4月16日に、新曲「ロウ・キー・イン・ラヴ with パリス・ジャクソン」をリリースしている。

ルーク・スピラーとパリス・ジャクソンによる華やかなロックンロール・デュエットで、2人はミュージック・ビデオでも共演している。

また、昨年10月にリリースした最新アルバム『ストレンジ・デイズ』には、アルバート・ハモンドJr.(ザ・ストロークス)、ロビー・ウィリアムス、フィル・コリン&ジョー・エリオット(デフ・レパード)、トム・モレロという、ロック界のヒーローからポップ・スターまで強力なゲストを迎えた曲が収録されているが、それに続く新たなコラボレーションである。


The Struts – We Will Rock You (Live Piano Performance)

The Struts – We Will Rock You (Official Visualizer)


リリース情報


The Struts ”We Will Rock You”
ザ・ストラッツ「ウィ・ウィル・ロック・ユー」

Digital
2021年5月14日 配信
UNIVERSAL MUSIC

各配信サイト


The Struts ”Low Key in Love with paris jackson”
ザ・ストラッツ「ロウ・キー・イン・ラヴ with パリス・ジャクソン」

Digital
2021年4月16日 配信
Interscope / UNIVERSAL MUSIC

各配信サイト


The Struts ”Strange Days”
ザ・ストラッツ 「ストレンジ・デイズ」

アルバム CD / Digital
2020年10月16日発売
UICY-15952
¥2,750(税込)
UNIVERSAL MUSIC

各配信サイト


ザ・ストラッツ ユニバーサルミュージック


ザ・ストラッツ オフィシャルサイト

ザ・ストラッツ YouTube


The Struts – One Night Only

The Struts, paris jackson – Low Key in Love (Official Music Video)
ザ・ストラッツ「ロウ・キー・イン・ラヴ with パリス・ジャクソン」


MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧