ZZ TOP のギタリスト、ビリー・ F・ギボンズ、「マイ・ラッキー・カード」の新ミュージックビデオが公開! ハイ・デザートの伝説のホンキートンク・ヴェニュー、パピー&ハリエッツで撮影! 6月4日リリース、3枚目の新ソロ・アルバム『ハードウェア』から3曲目の先行配信曲! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

ZZ TOP のギタリスト、ビリー・ F・ギボンズ、「マイ・ラッキー・カード」の新ミュージックビデオが公開! ハイ・デザートの伝説のホンキートンク・ヴェニュー、パピー&ハリエッツで撮影! 6月4日リリース、3枚目の新ソロ・アルバム『ハードウェア』から3曲目の先行配信曲!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

Billy F Gibbons(ZZ TOP) ビリー・ギボンズ

ZZ TOP の フロントマン、ビリー・F・ギボンズの3枚目のソロ・アルバム『ハードウェア』が、レコーディングとポスト・プロダクションを終え、6月4日にリリースされる。

このアルバムは、カリフォルニア州のパーム・スプリングス近くのハイ・デザートにあるエスケープ・スタジオで録音され、ギボンズのほか、マット・ソーラム、マイク・フィオレンティーノの共同プロデュース作品で、エンジニアのチャド・シュローサーが追加プロダクションを提供している。

このアルバムの発売に先立ち、先行シングル「ウエスト・コースト・ジャンキー」と「デザート・ハイ」が先行リリースされているが、新たに、3曲目の先行トラック「マイ・ラッキー・カード」がリリースされ、新ミュージック・ビデオも公開となった。

先行配信されている 2曲と同様、アルバムがレコーディングされたカリフォルニア州のジョシュア・ツリー近郊のハイ・デザートで撮影された。

Photo : Blain Clausen

この新ミュージックビデオは、「Pappy & Harriet’s Pioneertown Palace」という有名なライヴ・レストラン/バーで撮影された。

このヴェニューは、50年代のアメリカ西部劇の人気TVシリーズ「平原児シスコ・キッド」やジーン・オートリーのTVショウを撮影していた場所で、映画「ロイ・ビーン」やバーバラ・スタンウィックとバリー・サリバンが主演したフィルム・ノワール「人妻の危機」などが撮影された西部劇セットの一部としてもともと建設されたものだという。

「Pappy’s は、アルバムのインスピレーションの源である荒々しい砂漠の雰囲気を反映しているので、ビデオを制作するのに最適な場所だと思いました」
とギボンズはコメントしている。

この曲ではスライドギターを弾いているが、
「撮影のためにきちんとしたスライドを持ってくるのを忘れてしまい、必要に迫られて、即興でビール瓶を使いました。 適当なボトルネックを見つけるのに1ケース以上探した(飲んだ)末に、ようやくメキシコの伝統的なビールのネックを見つけました。 喉の渇きも癒すことができました」
と話している。

ギボンズの前作『ビッグ・バッド・ブルース』で 3本のミュージックビデオを撮影したテキサス州シャイナー在住の敏腕映像作家ハリー・リースが、本作でもミュージックビデオを全て監督している。

リースは「スタッフを使わず、光を利用して、私一人で撮影しました」と語る。 曲の演奏については、「ビリー、マット・ソーラム、オースティン・ハンクスの3人がそこに立って1回やって、ビリーが『できたぞ!』と言って終わりました」と語っている。

このミュージックビデオでは、ビリーが「オズの魔法使い」のように、どこに降り立っても世界を白黒からカラーに変えてしまうという演出がなされている。

ビリー・F・ギボンズのバンド・メンバー全員は、「マイ・ラッキー・カード」のミュージックビデオ撮影のために丸一日店を貸してくれた15年間 Pappy & Harriet’s のオーナーを務めたロビン・セリアとリンダ・クランツに敬意を表している。

彼らは最近、この伝説的な店を売却したため、このミュージックビデオはその魅力を永遠に証明する記録となった。このミュージックビデオでは、バンド・メンバーの他に、Pappy’s のスタッフの中から押しかけた2人が、カードディーラーと常連の酔っ払いを演じ、バーテンダー役はアルバムの共同プロデューサーの1人であるマイク・フィオレンティーノが演じている。

ビデオの最後には、白い服を着た新しいディーラーが登場する。
このディーラーを演じるのは、“カリフォルニアのポスト・モダン・インターギャラクティック・ポップの挑発者”と称されるハイデザート・パンクロック・グラマーのアイコン、ジェシカ・ヴォン・ラビットで、トランプの束からエースを引く。

ビリーは、
「マットの奥様エース・ハーパーは、彼女は間違いなく彼の “ラッキーカード”です。これは、彼女がまもなく第一子を出産するという事実を踏まえた、彼女へのトリビュートのようなものです」
と説明する。

「思いがけず、極めて自然な形で、これらがすべて結びついたのです」
とコメントしている。

新作アルバム『ハードウェア』は、ZZトップのフロントマンであるビリー・ギボンズの3枚目のソロ・アルバム。アルバムはエスケープ・スタジオで録音された。

ガンズ・アンド・ローゼズ、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー、カルトなどで活躍したヴェテラン・ドラマー、ソーラムが本作ではドラマーとしても活躍しており、アルバムのコア・バンドにはギタリストのオースティン・ハンクスが参加している。

ソーラム、ハンクスは、ギボンズの2018年リリースの前作『ビッグ・バッド・ブルース』にも参加しており、その作品ではブルース・ファウンデーションによるブルース・ミュージック・アワードを受賞した。

『ビッグ・バッド・ブルース』やギボンズのソロ・デビュー・アルバム『ペルフェクタムンド』とは対照的に、『ハードウェア』の収録曲はほとんどがオリジナルで、12曲のうち11曲がギボンズ、ソーラム、フィオレンティーノ、シュローサーが作曲しており、ロック曲となっている。
1曲のみ、テキサス・トーネードスは1990年に録音した「Hey Baby, Que Paso」のカヴァー。

『ハードウェア』というアルバムのタイトルは、1980年代半ばにギボンズやZZトップと仕事をした伝説のレコーディング・エンジニア、故ジョー・ハーディへの敬意を表したもの。

このアルバムのサウンドは、砂漠でのレコーディングという環境に影響されているという。 ギボンズは、「揺れる砂、サボテン、ガラガラヘビなどがある砂漠という環境は、そこで生まれる音に陰謀の要素を与えてくれる」と語っている。


ビリー ・F・ギボンズ コメント

私たちは、夏の暑い時期に数週間砂漠にこもっていましたが、それ自体がかなり強烈だった。このアルバムでは、そのストレスを解消するために、ただ “ロックする “ことに専念した。それが『ハードウェア』の真骨頂だ。ほとんどが猛烈なロックでありながら、砂漠の暗黙の神秘性を常に意識している。



Billy F Gibbons – My Lucky Card
「マイ・ラッキー・カード」

Billy F Gibbons – Desert High
「デザート・ハイ」

Billy F Gibbons – West Coast Junkie
「ウエスト・コースト・ジャンキー」


リリース情報

Billy F Gibbons ”Hardware”
ビリー・F・ギボンズ 「ハードウェア」

アルバム CD (SHM-CD)
2021年6月4日リリース
UCCO-1227
¥2,860 (税込)
Concord Records / UNIVERSAL MUSIC

<収録曲>
マイ・ラッキー・カード
シーズ・オン・ファイア
モア-モア-モア
シャッフル、ステップ&スライド
ヴァガボンド・マン
スパニッシュ・フライ
ウエスト・コースト・ジャンキー
スタッキン・ボーンズ
アイ・ワズ・ア・ハイウェイ
S-G-L-M-B-B-R
ヘイ・ベイビー。ケ・パソ
デザート・ハイ


各配信サイト

ビリー F・ギボンズ ユニバーサル ミュージック

ビリー F・ギボンズ YouTube チャンネル


Billy F Gibbons: “Rollin’ and Tumblin”” from “The Big Bad Blues”

Billy F Gibbons: “Missin’ Yo’ Kissin'” from “The Big Bad Blues”

Billy F Gibbons – Hollywood 151


MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧