2018年に新たに発見されたモーツァルトのピアノ曲!『アレグロ ニ長調 K.626b/16』を 人気のピアニスト、チョ・ソンジン が 本日 1月29日に DG から配信リリース! モーツァルト 265回目の誕生日、2021年1月27日に、ザルツブルク『モーツァルト週間』での 世界初演 音源! 動画も公開! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

2018年に新たに発見されたモーツァルトのピアノ曲!『アレグロ ニ長調 K.626b/16』を 人気のピアニスト、チョ・ソンジン が 本日 1月29日に DG から配信リリース! モーツァルト 265回目の誕生日、2021年1月27日に、ザルツブルク『モーツァルト週間』での 世界初演 音源! 動画も公開!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

チョ・ソンジン Seong-Jin Cho

モーツァルト 265回目の誕生日、2021年1月27日、ザルツブルクのモーツァルテウムにおいて、新たに発見されたモーツァルトのピアノ曲〈アレグロ ニ長調 K.626b/16〉を チョ・ソンジン が 世界初演し、その演奏が、本日、1月29日に、デジタル・シングルとしてリリースされた。

この世界初演は、毎年、モーツァルトの生誕日前後に生誕地のザルツブルクで行われる音楽祭『モーツァルト週間』で行われ、今年は ロックダウンのためオンライン公演となった。

Photo : ISM/Wolfgang Lienbacher

『アレグロ ニ長調 K.626b/16』は、1773年初期、17歳のモーツァルトによる作品と推定されている。

楽譜はもともとモーツァルトの末息子の手許にあったが、オーストリアの官吏に譲られ、その後まもなくあやまって人の手に渡ったと推定される。

楽譜の存在は、モーツァルト作品を整理したケッヘルのカタログの第3版およびそれ以降の版に記されていたが、専門家に精査されることがないままだった。

2018年、この「unknown(知られざる)」アレグロの楽譜は、モーツァルト財団に売却され、慎重な鑑定の結果、モーツァルテウム財団のスタッフとアメリカおよびドイツの専門家がこの作品をモーツァルトのものと判断するに至った。

チョ・ソンジンは、1994年 ソウル生まれ、2015年のショパン国際ピアノ・コンクールで優勝した日本でも人気の高いピアニスト。


チョ・ソンジン コメント

これまで知られていなかったモーツァルトの作品を、彼が生まれ育った町であり、そしておそらくこの曲も書かれたと思われる町で演奏できるのは、本当に名誉なことです。そして、私が録音したドイツ・グラモフォンのデジタル・シングルを通して、世界中の方々にこの曲の魅力を味わっていただけることを心から願っています。


World Premiere – Seong-Jin Cho: The Unknown Mozart


配信リリース

Seong-Jin Cho ”Mozart : Allegro in D K626b/16″
チョ・ソンジン「モーツァルト:アレグロ ニ長調 K.626b/16」

2021年 1月 29日 発売
Digital Single
DG (Deutsche Grammophon) / UNIVERSAL MUSIC


配信サイト


チョ・ソンジン ユニバーサルミュージック

チョ・ソンジン 日本 公式サイト(ジャパン・アーツ)

チョ・ソンジン オフィシャルサイト

チョ・ソンジン オフィシャルYouTubeチャンネル



MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧