クラシック界の若き革命児! ミレニアル世代の指揮者 兼 クラシカルDJ の水野蒼生が、オペラ、歌曲の現代的アップデートを試みた ニューアルバムが 3月31日発売リリース!「クラシック」の定義を揺るがす今年最大の問題作! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

クラシック界の若き革命児! ミレニアル世代の指揮者 兼 クラシカルDJ の水野蒼生が、オペラ、歌曲の現代的アップデートを試みた ニューアルバムが 3月31日発売リリース!「クラシック」の定義を揺るがす今年最大の問題作!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

水野蒼生(指揮者 / クラシカル DJ)

2018年に前代未聞の クラシカルDJ として、クラシッツクの名門レーベル、ドイツ・グラモフォンからクラシック音楽界史上初のクラシック・ミックスアルバムをリリースしてデビューしたミレニアル世代の指揮者兼クラシカルDJ、水野蒼生(みずの あおい)。

昨年、2020年3月には、ベートーヴェンの交響曲第5番を「もしベートーヴェンが今この曲を演奏したら、どうなるだろう?」というコンセプトのもと、エレキの弦楽四重奏(ヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロ)とドラム、ベース、シンセサイザー、そしてマニピュレーターのバンド編成を率いてレコーディングしたセカンド・アルバム『BEETHOVEN -Must It Be? It Still Must Be-』で大きな話題となった。

そんな、クラシック界の若き革命児・水野蒼生の ニューアルバム『VOICE – An Awakening At The Opera -』が 2021年3月31日に発売される。

3枚目となる今作は、「人のリアルな歌声はこの世で最も優れた楽器である」というコンセプトを基に、「オペラ、歌曲の現代的アップデート」を試みる作品となっており、ブリテンの歌曲《イルミナシオン》~〈海景〉、コルンゴルトの歌曲〈マイ・ミストレス・アイズ〉、ビゼーの歌劇《カルメン》~〈ハバネラ〉、プッチーニの歌劇《トゥーランドット》~〈誰も寝てはならぬ〉、シューマンの歌曲《ミルテの花》~〈献呈〉、シューベルトの〈アヴェ・マリア〉、そして、水野蒼生のオリジナル楽曲の計7つの歌を収録。

さらに、一曲ごとに様々なジャンルで活躍するボーカリストをフィーチャリングする事で、表現の幅に広がりを持たせ、クラシック音楽とその外に広がる多様なジャンルの音楽を繋ぐ架け橋のようなアルバムとなっている。

水野蒼生は、2019年にザルツブルク・モーツァルテウム大学 オーケストラ指揮及び合唱指揮の両専攻の第一ディプロム(学部相当)を首席で卒業。

同年11月には、横浜音祭りクロージングコンサートに指揮者として出演。May J.、葉加瀬太郎の両氏のバックで横浜シンフォニエッタを指揮した事でも大きな話題を呼んだ。



リリース情報

水野蒼生 「VOICE – An Awakening At The Opera -」
アルバム CD
2021年3月31日発売
UCCG-1882
¥税抜価格¥2,500+税
UNIVERSAL MUSIC

<収録曲>
Marine
My Mistress Eyes
Bustle
Habanera
Nessun Dorma
An Awakening At The Opera
献呈
Ave Maria
VOICE Op.1


水野蒼生  ユニバーサル ミュージック


水野蒼生 2nd アルバム「BEETHOVEN -Must It Be? It Still Must Be-」MUSIC GUIDE



水野蒼生(指揮者/クラシカルDJ)プロフィール

2018年にクラシカルDJとして名門レーベル、ドイツ・グラモフォンからクラシック音楽界史上初のクラシック・ミックスアルバム「MILLENNIALS-We Will Classic You-」をリリースしてメジャーデビュー。国内最大級のクラシック音楽フェス「La Folle Journe TOKYO 2019」に連日出演し好評を博す。2019年11月横浜音祭りクロージングコンサートに指揮者として出演。May J.、葉加瀬太郎の両氏のバックで横浜シンフォニエッタを指揮。
2019年秋、ザルツブルク・モーツァルテウム大学 オーケストラ指揮、及び合唱指揮の両専攻の第一ディプロム(学部相当)を首席で卒業。


水野蒼生  YouTube チャンネル


水野蒼生/Beethoven Symphony No.5 1st Movement [Radio Edit] MV

Symphony No.5 1st Movement


MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧