『婦人公論』2月9日号 本日 1月26日発売! 創刊105周年記念として、与謝野晶子、林芙美子、市川房枝、田中絹代、山口淑子、美空ひばり、美輪明宏、森光子、日野原重明、田辺聖子、氷川きよし…ら32人の「希望のことば」を紹介! 特別付録は、よく当たると大評判、中津川りえの「傾斜宮占い」! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

『婦人公論』2月9日号 本日 1月26日発売! 創刊105周年記念として、与謝野晶子、林芙美子、市川房枝、田中絹代、山口淑子、美空ひばり、美輪明宏、森光子、日野原重明、田辺聖子、氷川きよし…ら32人の「希望のことば」を紹介! 特別付録は、よく当たると大評判、中津川りえの「傾斜宮占い」!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

『婦人公論』2月9日号

大正5年(1916年)に総合雑誌『中央公論』の女性版として創刊された『婦人公論』は、2021年1月に創刊105周年を迎えた。女性の権利と地位向上を目指した創刊時から、時代の変化とともに女性たちの悩みや知的欲求に応えてきた誌面には、その時々の著名人が登場。
『婦人公論』2月9日号が、本日、1月26日発売!

表紙:松坂慶子(撮影:篠山紀信)

創刊105周年記念の第2特集として、これまでに刻まれた数々の寄稿やインタビューから、今を生きる私たちに希望を与えてくれる32人の言葉を、短いフレーズに切り出して「『婦人公論』にみる 希望のことば」として掲載。

◎ PART1〈女性が声を上げたとき 1916-1960年〉
安部磯雄/与謝野晶子/山川菊栄/市川房枝/田中絹代/林 芙美子/平林たい子/山口淑子

◎ PART2〈私が私らしくあるために 1961-2000年〉
桐島洋子/美空ひばり/美輪明宏/ミヤコ蝶々/橋田壽賀子/黒柳徹子/上野千鶴子/成田きん/宇野千代/森 光子/志村けん/石牟礼道子

◎ PART3〈100時代を生き抜く 2001-2020年〉
日野原重明/渡辺えり/田辺聖子/上沼恵美子/岸 惠子/田村セツコ/養老孟司/篠田桃紅/樹木希林/市原悦子/氷川きよし/内海桂子

特集は「『挑戦』は人生を豊かにする~何歳からでも、やりたいことを」。 脳科学者の茂木健一郎が、 作家の若竹千佐子の55歳以降の「挑戦」を脳科学的に分析するほか、 92歳の新聞ちぎり絵作家・木村セツのインタビュー、 還暦前後で社交ダンスを始めた市毛良枝と加藤タキの対談などを掲載。

カラーグラビアには、岡田准一、 インタビューに舘ひろし、 香川京子、 清原果耶、 海宝直人らが登場。

そのほか、読み物では、酒井政利による「伝説のプロデューサーが明かす スターたちの素顔〈後篇〉郷ひろみ、 西城秀樹、 野口五郎。 新御三家のヒットは必然だった」や、好評連載中の「純烈・酒井一圭のお悩み相談室 脱衣所からこんにちは」なども!

特別付録は、よく当たると大評判!『婦人公論』でしか読めない中津川りえの「傾斜宮占い」。2021年の運勢を上げる開運習慣を別冊付録で。


【松坂慶子・表紙】BTSに世界が熱狂、茂木健一郎が分析!脳の可能性、浅香光代の最期…
【『婦人公論』見どころ紹介!】


雑誌情報

『婦人公論』2月9日号 創刊105周年記念
発売日 : 2021年 1月 26日 発売
定価  : 680円 (本体価格618円)
出版社 : 中央公論新社


目次・購入 婦人公論.JP


婦人公論の歴史 「婦人公論.JP」内「『婦人公論』の歩み」



MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧