ポール・スタンレーが率いる「ソウル・ステーション」初のアルバムを3月5日にリリース! ロックではなく、完全なソウル・ミュージックのバンド! 往年のソウルの名曲カバー9曲と、オリジナルの新曲5曲を収録! トップミュージシャン達による極上のソウル/R&B! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

ポール・スタンレーが率いる「ソウル・ステーション」初のアルバムを3月5日にリリース! ロックではなく、完全なソウル・ミュージックのバンド! 往年のソウルの名曲カバー9曲と、オリジナルの新曲5曲を収録! トップミュージシャン達による極上のソウル/R&B!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

Paul Stanley’s Soul Station ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション

キッス(KISS)の ポール・スタンレー(Paul Stanley)が、2015年から活動をスタートさせた、ソウル・ミュージックの新しいバンド「ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション」(Paul Stanley’s Soul Station)。

ポール・スタンレーが、ザ・フーやツェッペリンに出会う前に聴いていた、ソロモン・バークやオーティス・レディング、テンプテーションズ、スモーキー・ロビンソンなど、フィリー・ソウルやモータウン のカバーを中心に演奏し、「ギターは弾かない、キッスの曲を歌わない」という、ロックではなく、完全なクラシック・ソウル・ミュージックのバンド。

当代一流のミュージシャン達を擁し、過去の偉大なR&B/ソウルのアーティスト達や名曲群に敬意を表してカバーし、この極めて重要な音楽ジャンルに今日性を持たせ続けるために結集したポール・スタンレー率いる15人編成のバンド。

これまでに米国と日本でツアーを実施しているが、今回、2021年3月5日に、初のフルアルバム 『ナウ・アンド・ゼン』をリリースする。

アルバムには、往年のソウルの名曲カバー9曲と、オリジナルの新曲5曲を収録されており、第1弾先行シングル「ウー・チャイルド (O-O-H Child)」(ファイヴ・ステアステップスのカバー)はが、1月15日にデジタル配信がスタートしている。

オリジナルの新曲について、ポール・スタンレーは、次のように語っている 。

「ソウル・ステーションで素晴らしいライヴを行いながら、アルバムを制作しているうちに、バンドも曲も、過去だけに頼っていてはいけないと思い始めたんだ。それで、過去と現在とを継ぎ目なく滑らかに結び付けるような曲を書くことを目標に、新曲作りに着手した。自分が尊敬する大勢の人々から感想を聞いた限りでは、その使命は達成できたよ。」


Paul Stanley’s Soul Station – NOW AND THEN: In-Studio Documentary

Paul Stanley’s Soul Station – O-O-H Child (Audio)

Paul Stanley’s Soul Station – Ooo Baby Baby (Stationed At Home)


スモーキー・ロビンソンのカバーについてのコメント

困難だけれども、やり甲斐のある時期だよね。
数々の偉大なイギリスのバンドを初めて聴いた時よりずっと前に、僕はフィリー・ソウルやモータウンなどといった音楽を聴きながら育ったんだ。
とりわけ、幸運にもオーティス・レディングやソロモン・バークをこの目で観ることも出来たんだよ。
そういった音楽や曲の物語性は、辛い日々でも、僕に力と希望を与えてくれた。あの時代の偉大な名曲は、大勢の人々にとって魔法の薬だったし、そのおかげで、僕はあの時代に引き戻されたような気がしたんだ。
その魔法は皆にも効き目があると思う。
今は物理的・身体的に直接繋がり合うことは難しい状況だけれど、ソウル・ステーションの何人かと協力し合って、あの素晴らしいモータウンの名曲、スモーキー・ロビンソンの「ウー・ベイビー・ベイビー」(原題:Ooo Baby Baby) を通じて、気持ちの上でのバーチャルな繋がりを生み出そうと決めたんだ。

ーー ポール・スタンレー



リリース情報

Paul Stanley’s Soul Station ”Now And Then”
ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション 「ナウ・アンド・ゼン」

アルバム CD(SHM-CD)
2021年3月5日(金)発売
UICY-15975
¥2,750(税込)
UNIVERSAL MUSIC

【収録曲】
01 フィラデルフィアより愛をこめて Could It Be I’m Falling In Love ※スピナーズ
02 アイ・ドゥ I Do
03 アイ、オー・アイ I, Oh I
04 ウー・ベイビー・ベイビー Ooo Baby Baby ※スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ
05 ウー・チャイルド O-O-H Child ※ファイヴ・ステアステップス
06 セイヴ・ミー(フロム・ユー) Save Me (From You)
07 はかない想い Just My Imagination (Running Away With Me) ※テンプテーションズ
08 ホエネヴァー・ユーアー・レディ(アイム・ヒア) Whenever You’re Ready (I’m Here)
09 ほほを流れる涙 The Tracks Of My Tears ※スモーキー・ロビンソン
10 レッツ・ステイ・トゥゲザー Let’s Stay Together ※アル・グリーン
11 ララは愛の言葉 La-La – Means I Love You ※デルフォニックス
12 ローレライ Lorelei
13 ユー・アー・エヴリシング You Are Everything ※スタイリスティックス
14 ベイビー・アイ・ニード・ユア・ラヴィング Baby I Need Your Loving ※フォー・トップス

※印は、オリジナルのアーティスト。
無印は、ポール・スタンレーが書き下ろしたオリジナルの新曲。


各配信サイト


KISS(ポール・スタンレー) ユニバーサルミュージック

ポール・スタンレー オフィシャルサイト

ポール・スタンレー YouTube



ソウル・ステーション メンバー

Paul Stanley’s Soul Station ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション

Paul Stanley ポール・スタンレー (ヴォーカル)
Rafael “Hoffa” Moreira  ラファエル“ホッファ”モレイラ (ギター&バッキング・ヴォーカル)
Sean Hurley ショーン・ハーレー (ベース)
Alex Alessandroni  アレックス・アレッサンドローニ (音楽ディレクター、キーボード)
Ely Rise イーライ・ライズ (キーボード)
Eric Singer エリック・シンガー (ドラムス&バッキング・ヴォーカル / KISSのドラマー)
Ray Yslas  レイ・イスラス (パーカッション)
Jon Papenbrook ジョン・パーペンブルック (リード・トランペット)
Gavyn Rhone ギャヴィン・ローン (バッキング・ヴォーカル)
Crystal Starr クリスタル・スター (バッキング・ヴォーカル)
Laurhan Beato ローラン・ベアート (バッキング・ヴォーカル)



Paul Stanley’s Soul Station – The Way You Do The Things You Do – 2/26/2016
Paul Stanley’s Soul Station – La-La Means I Love You – 2/26/2016
Paul Stanley’s Soul Station – Ooh Child – 2/26/2016


MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧