TOTO が新メンバーで再始動! 11月21日(土)20時から、一夜限りの有料オンライン・ライブが開催! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

TOTO が新メンバーで再始動! 11月21日(土)20時から、一夜限りの有料オンライン・ライブが開催!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

TOTO

2019年10月20日のフィラデルフィア公演をもって無期限の活動休止となっていた TOTO。このたび、スティーヴ・ルカサー と ジョセフ・ウィリアムスが、突如バンドの新たなラインナップを発表、TOTOが本格的に再始動することが明らかになった。

そして、11月21日(土)、New TOTO は、世界デビューを果たす。
一夜限りとなるコンサートは、アジア、オーストラリア/ニュージーランド、ヨーロッパ、そして、北米の世界3地区のプライムタイムでファンのためにストリーミング配信される。
日本では、11月21日(土)よる 8時 スタート。

チケット購入(海外サイト)

活動休止発表当時、スティーヴ・ルカサーは、「未来を予測することは出来ないが、この俺が息をし続ける限り、ツアーもするし、新しい音楽を作る。新しい、フレッシュなヴァージョンの TOTO が生まれるのかも知れないが、それは解らない。」とコメントしていたが、まさにその言葉通り、フレッシュなニュー・ヴァージョンのTOTOが誕生した。

TOTO の歴史に次なるチャプターを刻む、バンドの新たなラインナップに加わるのは、ベース:ジョン・ピアース(ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース)、ドラム:ロバート ”スパット” シーライト(ゴースト・ノート、スナーキー・パピー)とキーボード/バックヴォーカル:スティーヴ・マッジョーラ(エルヴィス、マムズ・メイブリー)。

これまでも参加していた、キーボード:ドミニク “ザヴィエル” タプリン(プリンス・バンド、ゴースト・ノート)と、マルチ・プレイヤー/ヴォーカル:ウォーレン・ハム(リンゴ・スター・バンド)も引き続き、アンサンブルの一角を担うことになる。

バンド・メンバー/サイドマンの加入/脱退ということで言うと、今回のラインナップはTOTO第15期となる。

このラインナップでTOTOとしてのツアーを続行し、<Dogz of Oz >ワールド・ツアーを行なうべく、現在計画が進行中とのこと。

現在、コンサートが予定されているのは北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア/ニュージーランドほかの地域。TOTO 往年のヒット・シングルはもちろん、アルバム曲、に加え、ルカサーとウィリアムズ各自のソロからの曲も演奏される予定だ。

ルカサーは、
「こういう運びになったことで、今はこれ以上ないほど穏やかな気分だよ。心新たに、そして前向きに、熱意をもって将来に一歩を踏み出せそうだ。現時点で、ツアーを行ない、TOTOの音楽を何世代にもわたる僕らのファンに届けたいと考えるオリジナル・メンバーは、ジョーと僕の二人だけになってしまった。僕は人生の45年近くを唯一のオリジナル・メンバーとして過ごしてきた。一度としてショウに穴を開けたことはない。アルバムにもすべて参加してきた。ライヴとアルバムによって僕らのレガシーは育まれ、音楽は生き続けてきた。それを僕は辞めることは決してないよ。<Dogz of Oz>ワールド・ツアーは僕らそれぞれの将来を新たに考えるための、貴重なるチャンスだ。同時にオーディエンスとの間に存在する深い絆を守りつつ、さらなる発見を可能にしてくれる。2021年夏に向けて、計画した日程で前進し続け、世界中のファンのもとに戻れることを願っているよ。」


ウィリアムズは
「ルーク(ルカサー)と僕の間ではたくさんのことを乗り越えてきた。彼は僕にとって兄貴のような存在だ。僕らがクリエイティヴに手を組むことでいつだって人生は豊かになってきた。二人が揃うことで何が生まれるか。今は僕らの頭の中にあるものすべてが実現できる期待しかない。次なるチャプターを一緒に立ち上げる相手がこの地球上にいるとしたら、忠実かつ才能溢れる生涯の友かつバンドメイトである彼以外考えられないよ。僕らこそ、最後まで生き残った勝者…The Dogz of Ozなんだ!(『オズの魔法使いに』登場する犬の名前は“TOTO”)」


さらに、ルカサーは、
「ジョーと僕は、僕が17、ジョーが14の時からの友達だ。このパンデミックの期間、僕らは自分達のキャリアを見直し、どう前に進むべきかを考えた。他のメンバーは、もう僕らとはいる場所が違うか、引退してしまった。でも僕らは今すぐにでも、戻れるようになったらツアーに戻りたいと思ってる。子供みたいに。そここそが僕らの生きる場所。プロデューサー、ソングライター、エンジニア、シンガー、パフォーマーとしてのジョー(ウィリアムズ)の成長にはこちらの気持ちまで奮い立たされるよ。今がジョーの絶頂期だということを考えると、このタイミングはまさに完璧。毎日のように驚かされてるよ。これほど楽しめるコラボレーション、そして将来に対して熱い気持ちでいられるだなんて…最高だね。」

尚、2021年に予定されているスティーヴ・ルカサーとジョセフ・ウィリアムズそれぞれのソロ・アルバムでは、お互いが参加する曲が何曲かずつあるという。

先月、ルークはアルバムから先行して「Run To Me」をリリース。ウィリアムズ、リンゴ・スター、そして(TOTOの)新メンバー、ジョン・ピアースが参加している。


スティーヴ・ルカサー ソロ最新曲 「Run To Me」

TOTO ハイレゾアルバム 全13作品



MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧