BSトゥエルビで人気の音楽番組『ザ・カセットテープ・ミュージック』が、弾けて楽しめる理論の本になって、本日、10月10日に発売!『ザ・カセットテープ・ミュージックの本 ~つい誰かにしゃべりたくなる80年代名曲のコードとかメロディの話~』! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

BSトゥエルビで人気の音楽番組『ザ・カセットテープ・ミュージック』が、弾けて楽しめる理論の本になって、本日、10月10日に発売!『ザ・カセットテープ・ミュージックの本 ~つい誰かにしゃべりたくなる80年代名曲のコードとかメロディの話~』!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

【書籍】『ザ・カセットテープ・ミュージックの本』

マキタスポーツと音楽評論家のスージー鈴木が、 おもに80年代名曲の魅力を熱く語り尽くす「BS12 トゥエルビ」で放送中の音楽バラエティ番組『ザ・カセットテープ・ミュージック(毎週 日曜日 21時〜)』。

とりわけ、 楽曲に仕掛けられたコード進行やメロディ・ラインなどの考察に定評があり、ドラマティック・マイナー進行、ビクトリー・コード進行、 ソ#、 シラミの法則など、番組発のわかりやすいネーミングも秀逸。

そんな人気番組が書籍化され、『ザ・カセットテープ・ミュージックの本 ~つい誰かにしゃべりたくなる80年代名曲のコードとかメロディの話~』として、リットーミュージックから、本日、2020年10月10日に発売となった。

これまでの放送から音楽理論の回を抜粋して再編集した「カセット流の教則本」と言えるもので、 ふたりの軽快なトークを読みながら、 実際にギターを弾いて楽しむことができる作りになっている。

番組ファンはもちろん、 80年代歌謡曲愛好家、 若い世代の音楽好きまで幅広くオススメしたい一冊!


書籍概要

書名: ザ・カセットテープ・ミュージックの本
     ~つい誰かにしゃべりたくなる80年代名曲のコードとかメロディの話~
著者: マキタスポーツ × スージー鈴木
定価: 本体 2,000円+税
発売: 2020年10月10日
発行: リットーミュージック

詳しくはコチラ!


おもなコンテンツ

巻頭特集 決着!? シティ・ポップとアーバン・ミュージックの境界線
特別企画 カセットガール座談会


第一章 珠玉のコード編
●メジャー・セブンス:「RIDE ON TIME」山下達郎、 他
●マイナー・セブンス・フラット・ファイブ:「優しい雨」小泉今日子、 他
●ナインス:「悲しみにさよなら」安全地帯、 他
●イレヴンス:「いっそセレナーデ」井上陽水
●サスフォー:「TOKIO」沢田研二
●ディミニュッシュ:「DREAMIN’」BOØWY
●オーギュメント:「アン・ドゥ・トロウ」キャンディーズ

第二章 華麗なるコード進行編
●クリシェ:「BABY ACTION」BOØWY、 他
●転調:「中央フリーウェイ」荒井由実、 他
●ドラマティック・マイナー進行:「Runner」爆風スランプ、 他
●勾玉進行:「丸の内サディスティック」椎名林檎
●ビクトリー・コード進行:「ガッチャマンの歌」子門真人
●未練進行(後ろ髪ひかれ進行):「シーズン・イン・ザ・サン」TUBE
●センス・オブ・ワンダー進行:「車も電話もないけれど」ユニコーン
●ビートリーな進行:「ミユキ野球教室」オープニング曲、 他

第三章 感情を揺さぶるメロディ進行
●ソ#:「カブトムシ」aiko、 他
●ミファミレド:「想い出がいっぱい」H2O、 他
●シラミ:「夕方Hold On Me」サザンオールスターズ、 他

巻末付録:『ザ・カセットテープ・ミュージック』紹介曲リスト


『ザ・カセットテープ・ミュージック』番組サイト



MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧