AC/DC、6年ぶりのニューアルバム『パワーアップ』11月13日に世界同時発売! アルバムからの先行 1st シングル「ショット・イン・ザ・ダーク」が公開! 輸入盤デラックス・エディションは、AC/DC ロゴがス点滅しながら曲が流れるスピーカー内蔵パッケージ! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

AC/DC、6年ぶりのニューアルバム『パワーアップ』11月13日に世界同時発売! アルバムからの先行 1st シングル「ショット・イン・ザ・ダーク」が公開! 輸入盤デラックス・エディションは、AC/DC ロゴがス点滅しながら曲が流れるスピーカー内蔵パッケージ!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

AC/DC

2014年の『ロック・オア・バスト』(ROCK OR BUST)以来となるAC/DCのオリジナル・アルバム『パワーアップ』(PWR UP)が、11月13日(金)にソニーミュージックより世界同時発売される。
同時に、アルバムからのファースト・シングル「ショット・イン・ザ・ダーク」(Shot In The Dark)が公開された。

Photo: Josh Cheuse

1973年の結成以来、ただひたすら同じスタイルでロックンロールし続けるAC/DCは、全アルバムの累計セールスが2億枚という圧倒的存在としてロックの頂点に鎮座し続けてきた。メジャー・デビュー後の16作品すべてがミリオンセラーを記録し、中でもこの夏に発売40周年を迎えた1980年の歴史的名盤『バック・イン・ブラック』は、ポピュラー音楽史上においてマイケル・ジャクソンの『スリラー』に次ぐ世界第2位の5,000万枚セールスという金字塔を打ち立てた。

そんな破格のキャリアを歩んできた彼らだが、前作『ロック・オア・バスト』時には様々な困難に見舞われていた。ドラマーのフィル・ラッドがアルバム発売直前に不祥事で逮捕されたことに始まり(代役は元メンバーのクリス・スレイド)、ワールド・ツアー中にはヴォーカルのブライアン・ジョンソンが聴覚障害によりツアー離脱を余儀なくされ(代役は自ら志願したアクセル・ローズ)、さらにツアー終了時にはベースのクリフ・ウィリアムズが引退を表明した。

そして何より悲しい衝撃が2017年11月、バンドの創始者であり、弟アンガス・ヤングと二人三脚でバンドを牽引してきたリズム・ギターの天才、マルコム・ヤングの他界である(享年64)。ソングライターで稀代のリフメイカーだったマルコムの死は途方もなく大きな喪失感をバンドとファンにもたらしたのだった。

この6年振りの新作『パワーアップ』は、全曲アンガスとマルコムの共作で構成された1点の曇りもないAC/DC作品に仕上がっている。マルコムが遺していた数々のアイディアをアンガスが中心となって完成させたのである。

プロデュースは、前2作に続きブレンダン・オブライエン(パール・ジャム、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ブルース・スプリングスティーン他)、ミックスも同じくマイク・フレイザー(メタリカ、エアロスミス、ヴァン・ヘイレン他)が務めている。去る10月1日には、ブライアン、フィル、クリフの正式カムバックも晴れて発表された。アンガスが牽引し、メンバー全員でマルコムのロック魂を引き継いでいくんだという決意表明がアルバムを一段と屈強(パワーアップ)なものとしている。

なお、本作の完全生産限定デラックス・エディション “パワーアップ・ボックス”(輸入盤のみ)は、ボックスの表面が液晶スクリーンになっており、お馴染みの AC/DC ロゴがステージさながらに点滅しながら新曲「ショット・イン・ザ・ダーク」が流れるスピーカー内蔵パッケージになっている(USBケーブル付)。

通常盤はソフトパック(紙ジャケット)で、日本盤のみ高品質のBlu-spec CD2仕様。他にも各種カラー・ヴァイナル、ピクチャー・ヴァイナル(共に輸入盤のみ)も発売される。


AC/DC – Shot In The Dark (Official Audio)


配信情報

AC/DC ”Shot In The Dark”
AC/DC 「ショット・イン・ザ・ダーク」

Digital Single
2020年10月7日配信
ソニー・ミュージックジャパンインターショナル

「Shot In The Dark」各配信サイト


アルバム リリース情報

AC/DC「PWR UP」(パワーアップ)
アルバム CD(Blu-spec CD2)
11月13日(金)世界同時発売
SICP-31394
¥2,500+税
ソニー・ミュージックジャパンインターショナル

【収録曲】
M1. Realize / リアライズ
M2. Rejection / リジェクション
M3. Shot In The Dark / ショット・イン・ザ・ダーク
M4. Through The Mists Of Time / スルー・ザ・ミスツ・オブ・タイム
M5. Kick You When You’re Down / キック・ユー・ウェン・ユア・ダウン
M6. Witch’s Spell / ウィッチズ・スペル
M7. Demon Fire / ディーモン・ファイアー
M8. Wild Reputation / ワイルド・レピュテーション
M9. No Man’s Land / ノー・マンズ・ランド
M10. Systems Down / システム・ダウン
M11. Money Shot/ マネー・ショット
M12. Code Red / コード・レッド


AC/DC ソニーミュージックオフィシャルサイト

AC/DC YouTube



『Back in Black』収録曲 MV が アップグレード版で配信中

発売40周年を記念し、アルバム『Back in Black』より、表題曲「Back in Black」(バック・イン・ブラック)を筆頭に、「You Shook Me All Night Long」(狂った夜)、「Hells Bells」(地獄の鐘の音)、「Rock and Roll Ain’t Noise Pollution」(ノイズ・ポルーション)といった代表曲、人気曲を多数収録した本作のミュージック・ビデオ6本が、発売40周年を記念し、7月24日より高画質アップグレード版で配信されている。

なお、AC/DC公式動画サイトでは、初来日公演となった1981年の日本青年館ライヴより、当時日本のテレビ番組で放送された「What Do You Do for Money Honey」(危険なハニー)と「You Shook Me All Night Long」(狂った夜)の映像も当キャンペーンの一環として公開されている。


「Let Me Put My Love Into You」以外の5本のMVは、アップロードされた年が「7年前」と表示されますが、アップグレード版に入れ替わっています。


「Back in Black」MV
「You Shook Me All Night Long」MV
「Hells Bells」MV
「Rock and Roll Ain’t Noise Pollution」MV
「What Do You Do for Money Honey」MV
「Let Me Put My Love Into You」MV

1981年 初来日公演より


「What Do You Do for Money Honey」(Live at Nihon Seinenkan, Tokyo 1981)

「You Shook Me All Night Long」(Live at Nihon Seinenkan, Tokyo 1981)


MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧