ブルース・スプリングスティーン、新曲「ゴースト」が配信! 10月23日に緊急発売が決定した、Eストリート・バンドとの 新作 ロック・アルバム『レター・トゥ・ユー』からの先行シングル第2弾! 裏切らないゴキゲンなサウンド! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

ブルース・スプリングスティーン、新曲「ゴースト」が配信! 10月23日に緊急発売が決定した、Eストリート・バンドとの 新作 ロック・アルバム『レター・トゥ・ユー』からの先行シングル第2弾! 裏切らないゴキゲンなサウンド!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

Bruce Springsteen ブルース・スプリングスティーン

9月23日に 71回目の誕生日を迎えた ロック界の BOSS こと ブルース・スプリングスティーンが、2012年『レッキング・ボール』以来、約8年振りとなる、盟友Eストリート・バンドとのオリジナル・ニュー・アルバムが、10月23日に緊急発売される。

誰もが待っていた、これぞ ボス&Eストリート・バンド的アメリカン・ロックの王道サウンドが炸裂。
彼らならではの「心臓が止まりそうなほど刺激的で、会場を大いに盛り上げる」サウンドに煽られた12曲を収録した待望のロック・アルバム『レター・トゥ・ユー』は、スプリングスティーンにとってオリジナル・アルバムとしては2019年『ウエスタン・スターズ』に続く、通算20作目のスタジオ・アルバムとなる。

Photo : Danny Clinch

9月10日には、新作からの第一弾シングル、タイトル・トラック「Letter To You」のビデオが公開され、雪の荒野に佇むスプリングスティーンの姿と自宅スタジオで、Eストリート・バンドの仲間と再会し笑顔で曲を作り上げていく姿が対照的に描かれている。

そして、9月24日には、新作『レター・トゥ・ユー』からの第二弾シングルであり、リード・トラックとなる「ゴースト」が公開となった。「これをずっと待ってたんだよ!」と全世界のファンが歓喜すること間違いなしのゴキゲンなロック・アンセム。

Photo : Danny Clinch

スプリングスティーンは新曲「ゴースト」について、こうコメントを寄せた。

『「ゴースト」はバンドの一員であることの素晴らしさや喜び、そして病気や時間の流れの中でメンバーをひとりひとり失っていくことの苦しみについて書いている。「ゴースト」は音楽のスピリットそのものに語り掛けようとしている。それは俺たちの誰にも元々備わっているものではなくて、発見して一緒に共有するしかできない。Eストリート・バンドの場合、それは一体となった俺たちの魂の中に存在して、ハートを動力源としているんだ。』

「ゴースト」は、スプリングスティーンの自宅スタジオで Eストリート・バンドとともにライヴ・レコーディング一発録りしたもの。

バンドの一員だったダニー・フェデリーシやクラレンス・クレモンスを筆頭に、先に逝ってしまった多くの仲間たちを思い出し、「今も彼らの演奏が聞こえる、今も一緒にやっていた曲を演奏すると心が高揚する、音楽のなかには彼らはまだ生きている」と歌う「友情」の歌。

最も古い親友である、スティーヴ・ヴァン・ザントのハーモニーが目立つようにミックスされているのも嬉しいところ。

新曲のミュージックビデオには、Eストリート・バンドがスタジオで『レター・トゥ・ユー』のレコーディングを行っている映像の合間に、スプリングスティーンの音楽活動の初期、高校時代に結成したバンド「ザ・キャスティールズ」などのレアナスナップショットが散りばめられている。

Photo : Danny Clinch

新作アルバムは、ニュージャージーの自宅スタジオで録音され、そのレコーディングの模様をスプリングスティーンはこう語っている。

「『レター・トゥ・ユー』のエモーショナルな特徴がとても気に入っているんだ。そして、Eストリート・バンドがスタジオで完全にライヴで録音したサウンドもとても気に入っている。今までやったこともなかった手法で、オーバーダブもしなかった。たった5日間で作ったアルバムが、結果として自分史上最高のレコーディング体験のひとつになったんだ」。

『レター・トゥ・ユー』はスプリングスティーンの書き下ろし新曲9曲と共に、1970年代からの伝説的だが、今まで未発表だった「ジェイニー・ニーズ・ア・シューター」、「イフ・アイ・ワズ・ザ・プリースト」、「ソング・フォー・オーファンズ」の3曲が全く新たな解釈で披露されている。

スプリグスティーンと共に『レター・トゥ・ユー』に参加しているのはロイ・ビタン、ニルス・ロフグレン、パティ・スキャルファ、ギャリー・タレント、スティーヴ・ヴァン・ザント、マックス・ワインバーグ、チャーリー・ジョルダーノ、ジェイク・クレモンズ。

プロデュースは、ロン・アニエロがブルース・スプリングスティーンと共に手掛け、ミキシングはボブ・クリアマウンテン、マスタリングはボブ・ラドウィックが担当した。

スプリングスティーンがEストリート・バンドと演奏を共にしたのは、ビルボードとポルスターの両誌に2016年に世界で最も成功したツアーと認定された「ザ・リバー2016」ツアー以来のことである。

40年以上に及ぶブルース・スプリングスティーンのレコーディング・キャリアは、1973年の『アズベリー・パークからの挨拶』から始まった。

彼はグラミー賞を20回、アカデミー賞とトニー賞を1回ずつ獲得しており、ロックンロールの殿堂入りを果たし、ケネディ・センター名誉賞を受賞し、ミュージケアーズの2013年度パーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

回顧録『ボーン・トゥ・ラン ブルース・スプリングスティーン自伝 (Born to Run)』(サイモン&シュスター社刊、日本は早川書房)とそれに伴うアルバム『チャプター・アンド・ヴァース』は2016年9月にリリースされた。

また、同年11月には大統領自由勲章を受章している。歴史に残る236回の公演となった『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』は2017年10月から2018年12月にかけてジュジャムシン劇場会社のウォルター・カー劇場で上演され、サウンドトラック・アルバムとNetflixの特番の特番も作られた。

2019年には5年ぶりのスタジオ・アルバム『ウエスタン・スターズ』をリリース。

また、長年のコラボレート相手トム・ジムニーと共同で監督した長編映画『ウエスタン・スターズ』がワーナー・ブラザース配給により公開された。



「ゴースト」MV

Bruce Springsteen – Ghosts (Lyric Video)

「レター・トゥ・ユー」MV

Bruce Springsteen – Letter To You (Official Video)

「レター・トゥ・ユー」対訳

レター・トゥ・ユー(Letter To You)

たくさんの雑種の木の下で
俺は面倒ごとを起こしてしまった
ひざまずいて祈り、ペンをひっつかみ
こうべを垂れた
俺が呼び起こそうと努めたのは
自分の心が真実と認めたものすべて
俺の手紙にそれを入れて君に送ろう

厳しい時代と良い時代を経験して知ったこと
それらすべてをインクと血で手紙にしたためた
自分の魂を深く掘り下げ、名前を正しく署名した
俺の手紙にそれを入れて君に送ろう

君への手紙では、俺はすべての恐れと迷いを受け入れた
君への手紙では、俺が見つけた困難なことのすべてを
君への手紙では、俺が真実だと知ったことのすべてを
俺の手紙にそれを入れて君に送ろう

俺はあらゆる日差しを浴び、雨にうたれた
俺の幸せのすべてと痛みのすべて
夕闇の星と朝の青空
俺の手紙にそれを入れて君に送ろう

(訳:五十嵐正)



リリース情報

Bruce Springsteen ”Letter To You”
ブルース・スプリングスティーン『レター・トゥ・ユー』

アルバム CD
2020年10月23日 発売
SICP-6359
¥2400円+税
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

<収録曲>
M01. One Minute You’re Here / ワン・ミニット・ユア・ヒア
M02. Letter To You / レター・トゥ・ユー
M03. Burnin’ Train / バーニン・トレイン
M04. Janey Needs A Shooter / ジェイニー・ニーズ・ア・シューター
M05. Last Man Standing / ラスト・マン・スタンディング
M06. The Power Of Prayer / ザ・パワー・オブ・プレイヤー
M07. House Of A Thousand Guitars / ハウス・オブ・ア・サウザンド・ギターズ
M08. Rainmaker / レインメイカー
M09. If I Was The Priest / イフ・アイ・ワズ・ザ・プリースト
M10. Ghosts / ゴースツ
M11. Song For Orphans / ソング・フォー・オーファンズ
M12. I’ll See You In My Dreams / アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームズ

<パーソネル>
Eストリート・バンド
ロイ・ビタン、ニルス・ロフグレン、パティ・スキャルファ、ギャリー・タレント、スティーヴ・ヴァン・ザント、
マックス・ワインバーグ、チャーリー・ジョルダーノ、ジェイク・クレモンズ

プロデュース : ブルース・スプリングスティーン、ロン・アニエロ
ミキシング  : ボブ・クリアマウンテン マスタリング:ボブ・ラドウィック


ブルース・スプリングスティーン ソニーミュージック


ブルース・スプリングスティーン オフィシャルサイト

ブルース・スプリングスティーン オフィシャル YouTube



MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧