月刊誌「モーストリー・クラシック」11月号、本日 9月18日発売! 特集は、グールド、ベルリオーズ、グルダ、パガニーニ! 「正統と異端 伝統と破壊」! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

月刊誌「モーストリー・クラシック」11月号、本日 9月18日発売! 特集は、グールド、ベルリオーズ、グルダ、パガニーニ! 「正統と異端 伝統と破壊」!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

【雑誌】「モーストリー・クラシック」11月号

本日、9月18日発売の「モーストリー・クラシック」11月号では、「正統と異端 伝統と破壊」と題し、グールド、ベルリオーズ、グルダ、パガニーニ、モーツァルト、ベートーヴェン、クライバー、チェリビダッケ らを特集!

異端だったものが正統に、 逆に正統だったものが異端になる……、 この逆転現象は音楽界ではよく起こること。

20世紀最大のディーヴァ(歌の女神)と呼ばれるマリア・カラス。 亡くなってから43年もたつのに、 CDは売れ続け、 新たな映画が作られるなど、 “神話化”が進んでいるようにさえ思えます。

しかし、 初期の批評では「彼女の声は、 天性に反して表現強調のために無理をすると、 しわがれ、 くぐもり、 非人間的で情趣の表現に欠けることになる」などと散々な言われようです。

それでも、 一般のオペラ・ファンはカラスに熱狂、 そして異端は正統となった。

こうした例は、枚挙にいとまがありません。
ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」。 1913年にパリで初演された際には、 会場にブラヴォーとブーイングが飛び交うスキャンダルになりました。 作品は伝統の破壊であるとみなされた。

しかし、 今日、 オーケストラのスタンダードなレパートリーとして定着しています。

天才は世間で理解されることは少なく、 異端者になりがち。

今回の 特集では、こうした事例を、 作曲家モーツァルト、 ベートーヴェン、 指揮者のクライバーやチェリビダッケ、 ピアニストのグルダやグールドら、 多くの音楽家で探る。



概要

「モーストリー・クラシック」11月号 vol.282
正統と異端 伝統と破壊

2020年 9月18日(金)発売
定価 :¥1,080円(税込)
編集 :モーストリー・クラシック編集室
発行 :産経新聞社
発売 :日本工業新聞社


「モーストリー・クラシック」公式ホームページ



MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧