エラ・フィッツジェラルドの「恋のチャンス」の MV が公開! 10月2日発売「ジャズの女王」の未公開ライブ音源『エラ ~ザ・ロスト・ベルリン・テープ』から 先行配信曲 第2弾! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

エラ・フィッツジェラルドの「恋のチャンス」の MV が公開! 10月2日発売「ジャズの女王」の未公開ライブ音源『エラ ~ザ・ロスト・ベルリン・テープ』から 先行配信曲 第2弾!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

Ella Fitzgerald エラ・フィッツジェラルド

「ザ・ファースト・レディ・オブ・ソング」や「ジャズの女王」と呼ばれる エラ・フィッツジェラルド の 1962年3月25日にベルリンのスポーツ宮殿で録音されたライブ音源が発掘され、10月2日にリリースされる。

8月21日に、先行配信曲「マック・ザ・ナイフ」の配信とミュージックビデオが公開されたのに続き、9月16日、先行配信曲「恋のチャンス」(Taking A Chance On Love)も配信となり、合わせて、セシル・マクロリン・サルヴァントが手掛けたミュージックビデオも公開となった。

Hamburg, 1961 ⓒ Rolf Ambor

エラ・フィッツジェラルドとベルリンと言えば、1960年に録音され大ヒットを記録したグラミー賞受賞作品『マック・ザ・ナイフ ~エラ・イン・ベルリン』(1999年には、アメリカのナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンスとグラミー賞の殿堂入りを同時に果たし、音楽史上「最も有名なライブ盤」と呼ばれるモンスター・アルバム)が有名。

しかし、実は、エラは その後も1961年、1962年と立て続けにベルリンを訪れており、音源が確認されていないのは1962年の本アルバムの音源のみであった。

ベルリン3部作の完結は、長年、ジャズ・ファンの夢であり、ついに今回のリリースで、伝説が完結することとなる。

本作が録音された1962年は、エラがキャリアの頂点に立っていた全盛期であり、本ライブもそれまでのキャリアの中で最も大規模なヨーロッパ・ツアーの最中に行われたものであった。

ピアニストのポール・スミス、ベーシストのウィルフレッド・ミドルブルックス、ドラマーのスタン・リーヴィーによる強力なリズムセクションをバックに、45歳の誕生日を1ヶ月後に控えたエラはパワフルなスウィングで観客を熱狂。音源には鳴り止まない拍手も収録されている。

また、ライブ音源ならではのハプニングやMCも収められている。
先行配信された「マック・ザ・ナイフ」では、曲中にアドリブで登場させた「ベルリン」という街の名前をなかなか思い出せなかったというエラが「とても恥ずかしいわ。『マック・ザ・ナイフ』を歌った場所なのに、街の名前が出てくるパートで、名前を思い出せなかったの!」とチャーミングに話す声が収録されている。

本音源はこれまで、エラのマネージャーを務めていたノーマン・グランツのプライベート・コレクションとして保管されていた。本アルバムは彼女の過去の名音源と呼ばれるライブ音源たちに並ぶ貴重な音源となる。

今回、公開された MV は、2016年にグラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバムを受賞したジャズ・ヴォーカリスト、セシル・マクロリン・サルヴァントが、プロデュース、ディレクション、そしてアニメーションに至るまで制作のすべてを手掛けている。

セシルは、ビジュアル・アーティストとしても活動しているが、フル尺の MV を制作するのは今回が初めてとなる。

MVを担当するに至ったのは、COVID-19で外出自粛をしている間、エラのライヴ音源が発掘されたというニュースを読んだことがきっかけだと言い、

「私はアニメーターではないから、ショートカットとするために必要な知識もほとんどなくて、丸2か月かけてゆっくりと地道に完成まで近づけました。毎日タブレットに絵を描いてビデオを動かし、気が付いたら1000フレームをゆうに超えていましたが、エラも音楽として一緒にいてくれて、絵を描きながら彼女の歌を聴くのが習慣になりました。涙がダンサーに変身している様子を描きましたが、それは、エラを聴いているときの私の気持ちを表しています。」

と語っている。

また、セシルはもともとエラの大ファンだといい、エラについて、

「私が最初にスタンダートの歌い方を習ったのはエラからで、彼女はいつも私の先生です。」

と話している。


「恋のチャンス」MV
Ella Fitzgerald – Taking A Chance On Love (Live)

Ella Fitzgerald – Mack The Knife (Live)


リリース情報

Ella Fitzgerald ”Ella: The Lost Berlin Tapes”
エラ・フィッツジェラルド 『エラ ~ザ・ロスト・ベルリン・テープ』

 
アルバム CD ライブ録音(SHM-CD)  
2020年10月2日発売
UCCV-1182
¥2,860 税込
ユニバーサルミュージック

1962年3月25日 ベルリン・スポーツ宮殿にて録音


パーソネル

エラ・フィッツジェラルド (Vo)
ポール・スミス (P)
ウィルフレッド・ミドルブルックス (B)
スタン・リーヴィー (Ds)


収録曲

M-1. チーク・トゥ・チーク / Cheek To Cheek
M-2. ヒーズ・マイ・カインド・オブ・ガイ / He’s My Kind Of Guy
M-3. クライ・ミー・ア・リヴァー / Cry Me A River
M-4. アイ・ウォント・ダンス / I Won’t Dance
M-5. サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー / Someone To Watch Over Me
M-6. ジャージー・バウンス/ Jersey Bounce
M-7. エンジェル・アイズ / Angel Eyes
M-8. クラップ・ハンズ・ヒア・カムズ・チャ-リー / Clap Hands, Here Comes Charlie
M-9. 恋のチャンス / Taking A Chance On Love
M-10. セ・マニフィーク / C’est Magnifique

M-11. グッド・モーニング・ハートエイク / Good Morning Heartache
M-12. ハレルヤ・アイ・ラヴ・ヒム・ソー / Hallelujah, I Love Him So
M-13. ハレルヤ・アイ・ラヴ・ヒム・ソー(リプライズ) / Hallelujah, I Love Him So (Reprise)
M-14. サマータイム/ Summertime
M-15. ミスター・パガニーニ / Mr. Paganini
M-16. マック・ザ・ナイフ / Mack The Knife 
M-17. ウィー・ベイビー・ブルース / Wee Baby Blues


ストリーミング・ダウンロード


エラ・フィッツジェラルド ユニバーサルミュージック

エラ・フィッツジェラルド誕生100周年の1年間を振り返る ユニバーサルミュージック


エラ・フィッツジェラルド 公式サイト

エラ・フィッツジェラルド YouTube


Cry Me A River

Cheek To Cheek


MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧