映画『ムーラン』のエンドソング、クリスティーナ・アギレラ「リフレクション」ミュージックビデオが公開! 先行配信も開始! 話題の城南海による日本版主題歌「リフレクション」も収録した、9月11日発売のディズニー映画最新作『ムーラン』サントラより! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

映画『ムーラン』のエンドソング、クリスティーナ・アギレラ「リフレクション」ミュージックビデオが公開! 先行配信も開始! 話題の城南海による日本版主題歌「リフレクション」も収録した、9月11日発売のディズニー映画最新作『ムーラン』サントラより!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

クリスティーナ・アギレラ城 南海

ディズニー映画最新作『ムーラン』のオリジナル・サウンドトラックが、9月4日(金)に デジタルアルバム配信、9月11日(金)に CDが発売される。

映画『ムーラン』は、『美女と野獣』『アラジン』などの実写映画化を次々と成功させてきたディズニーが、ディズニー・アニメーションの傑作『ムーラン』の主人公として全世界で愛されてきた少女ムーランの物語を、空前のスケールで実写映画化する渾身の映像プロジェクト。

クリスティーナ・アギレラが歌う、本作のために書き下ろされた「ロイヤル・ブレイブ・トゥルー」が、すでに先行配信されているが、エンドソング「リフレクション」も、8月28日よりデジタル配信開始され、本人が出演するミュージックビデオも公開された。

クリスティーナ・アギレラ
(Photo:MILAN ZRNIC)

クリスティーナ・アギレラは、その圧倒的な歌声でこれまでに6度グラミー賞に輝くなど、世界中から多くの支持を集める歌姫のひとり。
日本国内でも多くのファンを持つ彼女だが、その輝かしいキャリアのスタートを切った楽曲が、この「リフレクション」。
当時まだ16歳で無名だったアギレラは、アニメーション版の映画『ムーラン』(1998)でこの曲を担当すると、一気にその名を世界中に轟かせることとなった。

「リフレクション」は、“自分らしくありたい”と思う一方で、愛する家族や故郷のために自分を男と偽り、兵士になる事を決意する主人公ムーランの心情と葛藤が表現されている、切なくも壮大なバラード。

この曲は映画公開から人気を博すと、ディズニーを代表する楽曲「ホール・ニュー・ワールド」(『アラジン』)や、「パート・オブ・ユア・ワールド」(『リトル・マーメイド』)、「美女と野獣」(『美女と野獣』)等と並んで、ディズニー屈指の名曲として高く評価され、今でもディズニーの人気楽曲ランキングで必ずトップ10以内に食い込むほど多くの人々から愛されている。

そして、本作で再び22年の時を超えてアギレラがこの楽曲を担当することが発表されると、すぐさま世界中で大きな話題となり、日本でもアギレラによる新たな「リフレクション」を待望する声がSNSを中心に多く上がった。

公開されたミュージックビデオでは、水面の上に座ったアギレラが透明感のある美しい水色のドレスをなびかせながら、圧巻の歌声を披露。

アギレラは、本人のTwitterで「この曲は常に、私にとっての刺激的で新しい(人生の)物語とエネルギーを体現してくれます。この新たなバージョンを皆さんが楽しんでくれることを祈っています。ありがとう、ディズニー。あなたたちはいつも私にとって特別な家族であり、私の心に大切でパーソナルな瞬間をたくさん提供してくれています」とコメントしている。

“本当の自分”と、“偽りの自分”との間で揺れ動くムーランの心情を文字通り全身で表現するアギレラのパフォーマンスに注目するとともに情感たっぷりで美しい映像からも目が離せない。

また、日本版主題歌「リフレクション」を歌うのは、鹿児島県奄美大島出身で、シマ唄(奄美民謡)をルーツに持つシンガーの 城 南海(きずき みなみ)。同曲を圧巻の歌唱力で歌い上げる。

城 南海(きずき みなみ)

さらに、映画で主人公ムーラン役を演じた中国出身の女優リウ・イーフェイが北京語で歌唱する「リフレクション」も収録されており、それぞれ国際性あふれる3バージョンの「リフレクション」をサウンドトラックでは楽しむことができる。


クリスティーナ・アギレラ コメント

映画『ムーラン』と楽曲 “リフレクション” は、私が最初のレコード契約を結んだのと同じときに生まれたの。このような、力強さと意義に満ちた信じられないほどの名作にまた関われることは驚くべきことよ。この歌は自分に忠実であり続けること、あなたが誰であるか、そして恐れに負けないこと、という試練を教えてくれる作品なの。そして、私の新曲 “ロイヤル・ブレイブ・トゥルー” は、人の心の弱さと強さの微妙なバランスを表現した曲になっているわ。


城 南海 コメント

本当の自分って何だろう…そんな自分の思いと、ムーランの姿を歌詞に重ねました。【私を生きる】というワードが大きなポイントで、ムーランの願いを込めています。


Christina Aguilera – Reflection (2020) (From “Mulan”)

Christina Aguilera – Loyal Brave True (From “Mulan”/Official Video)

Reflection (Japanese) Minami Kizuki 城南海


リリース情報

『ムーラン オリジナル・サウンドトラック』
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

クリスティーナ・アギレラ、城南海、リウ・イーフェイ

CD アルバム / Digital
2020年 9月11日 発売(9月4日配信)
UWCD-1093
¥2,750 (税込)
Walt Disney Records / UNIVERSAL MUSIC


収録曲

01 Ancestors/ ご先祖様
02 Tulou Courtyard / 土楼の暮らし
03 The Desert Garrison / 砂漠の要塞
04 Böri Khan & Xianniang / ボーリー・カーンとシェンニャン
05 The Lesson of the Phoenix / 不死鳥の教え
06 Mulan Leaves Home / 故郷をあとに
07 Four Ounces Can Move a Thousand Pounds / 軽きものの力
08 Mulan Rides into Battle / ムーラン 戦(いくさ)へ向かう
09 Honghui / ホンフイ
10 Training the Men / 男たちの鍛練
11 The Witch / 魔女
12 “I Believe Hua Mulan” / “ファ・ムーランを信じる”
13 The Charge / 突撃
14 Imperial City / 帝国の都
15 Fight for the Kingdom / 国のための戦い
16 Mulan & The Emperor / ムーランと皇帝
17 Return to the Village / 帰郷
18 The Fourth Virtue / 四番目の徳
19 Loyal Brave True / ロイヤル・ブレイブ・トゥルー performed by クリスティーナ・アギレラ
20 Reflection (2020) / リフレクション(2020)performed by クリスティーナ・アギレラ
21 Reflection (Mandarin) / リフレクション(マンダリン) performed by リウ・イーフェイ
22 Reflection / リフレクション performed by 城 南海 [日本盤ボーナス・トラック]


『ムーラン オリジナル・サウンドトラック』ユニバーサル ミュージック

先行配信はコチラ!


城 南海 新譜情報 MUSIC GUIDE



映画情報

映画『ムーラン』は、2020年9月4日(金)よりディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)にて、プレミアアクセスとして、提供開始時は独占配信。本作品は、プレミアアクセス 料金 2,980円(税抜) を追加でお支払いいただくと、何度でもお好きなデバイスでご視聴が可能。
ディズニープラスおよびプレミアアクセスの詳細は、ディズニープラス公式サイトをご確認ください。

ディズニープラス 公式サイト

映画『ムーラン』



城 南海「ウタアシビ」10周年記念コンサート Bunkamuraオーチャードホール−2019.11.08
城 南海(きずき みなみ)デビュー曲『アイツムギ』2009年


MUSIC GUIDE 情報局 ニュース一覧