8月9日(日)23時〜テレビ朝日『関ジャム 完全燃SHOW』に、元ちとせ、城南海が出演!「奄美大島の音楽を徹底解剖! なぜ心が掴まれるのか?」が放送! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

8月9日(日)23時〜テレビ朝日『関ジャム 完全燃SHOW』に、元ちとせ、城南海が出演!「奄美大島の音楽を徹底解剖! なぜ心が掴まれるのか?」が放送!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

元ちとせ、城南海

奄美の音楽を広めた先駆者・元ちとせ と、その高い歌唱力でディズニー最新映画「ムーラン」の主題歌に抜擢された城南海(きずき みなみ)、そして、元ちとせの歌い方を分析した声楽家・彌勒忠史の3人をゲストに迎え、奄美大島の音楽を徹底解剖する。

一流アーティストのルーツにもなっている奄美の音楽には一体どんな特徴があって、なぜ心が掴まれるのか?

さらに、元ちとせの名曲「ワダツミの木」を、ボーカル元ちとせ&城南海&安田、オルガン村上、ベース丸山、トランペット横山でジャムセッションする。「奄美」を感じる歌唱と、しっとりとした演奏が織りなす、心地よいハーモニーに注目!

城南海
元ちとせ

また、元ちとせが、2005年から夏の時期に期間限定で配信を行っている坂本龍一プロデュース曲「死んだ女の子」の配信が今年もスタートしている。

「死んだ女の子」は、トルコ出身の詩人ナジム・ヒクメットが、広島での原爆の悲惨さと戦争に反対する切なる気持ちを、原爆の火に焼かれてしまった女の子に成り代わって書き綴ったという作品。

その詩の日本語訳詞(訳詞:中本信幸)を歌詞として、外山雄三が作曲。
坂本龍一がプロデュースを手掛け、原爆投下から60年の2005年8月6日に広島の原爆ドームの前で行われた坂本龍一と元ちとせによる「死んだ女の子」のパフォーマンスが大きな話題を呼び、同2005年より期間限定で毎夏、配信リリースが続いている。

この曲の強いメッセージが多くの人々に届くようにと、終戦から75年となる8月に今年も期間限定で楽曲配信がスタートした。今回の配信も、その売上の一部はユニセフ(国際連合児童基金)に寄付される。


放送日時

『関ジャム 完全燃SHOW』 奄美大島の音楽を徹底解剖! なぜ心が掴まれるのか?
2020年 8月 9日(日) 23時00分 ~ 23時55分
テレビ朝日

【出演】 関ジャニ∞ 支配人:古田新太、高橋茂雄(サバンナ)、新井恵理那
【ゲスト】彌勒忠史、元ちとせ、城南海

番組サイト


元ちとせ 配信リリース情報

元ちとせ「死んだ女の子」
(作詞:ナジム・ヒクメット/作曲:外山雄三/日本語訳詞:中本信幸/プロデュース:坂本龍一)
Digital Single
2020年8月31日(月) までの期間限定配信

元ちとせ「死んだ女の子」ダウンロード


城 南海 CD リリース情報

城南海「one」
アルバム CD
2019年12月18日 発売
ポニーキャニオン

城南海「one」新譜情報 MUSIC GUIDE


元ちとせ / ワダツミの木 [From Augusta Camp 2018]

城 南海「ウタアシビ」10周年記念コンサート Bunkamuraオーチャードホール−2019.11.08
ティザー映像