「ビクタースタジオ」がプロデュースした スタジオモニターヘッドホン「HA‐MX100V」が発売! ビクタースタジオのエンジニアによる音質チューニング! ビクタースタジオへも導入! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

「ビクタースタジオ」がプロデュースした スタジオモニターヘッドホン「HA‐MX100V」が発売! ビクタースタジオのエンジニアによる音質チューニング! ビクタースタジオへも導入!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

【スタジオモニターヘッドホン】VICTOR STUDIO プロデュース

1969年、東京都渋谷区に設立された「ビクタースタジオ」は、ビクター音楽産業(現在のJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)の専用レコーディングスタジオとしてスタートし、桑田佳祐やサザンオールスターズなどビクターエンタテインメント所属アーティストはもちろん、1980年代以降は、他レーベル所属の多くの有名アーティストが使用されてきた。

その日本有数の録音スタジオ「ビクタースタジオ」がプロデュースする スタジオモニターヘッドホン「HA‐MX100V」が、JVCケンウッドのビクターブランドより7月下旬に発売となる。

2016年3月に「ビクタースタジオ」がプロデュースし、ビクターエンタテインメントより発売された「HA-MX100-Z」が、原音再生能力と高い耐久性を両立したプロユースのヘッドホンとして、 多くの音楽制作現場で高い支持を得ていたが、近年、ハイレゾ音源の浸透に伴い、その繊細なニュアンスを忠実に再現できるヘッドホンが求められてきた。

そこで、今回、「HA-MX100-Z」をビクターブランドにリニューアルし、 ハウジングには、ビクターブランドの象徴である「犬のマーク」(ニッパー犬)を刻印した、プロユースのモニターヘッドホン「HA-MX100V」をプロの音楽制作の現場をはじめ、一般ユーザー向けとしても発売されることとなった。

「ビクタースタジオのモニタースピーカーで聴く現場の音をヘッドホンで再現する」というコンセプトのもと、アーティストが届けたい音を忠実に再現するスタジオモニターヘッドホンとして製品化された。


主な特長

1 ビクタースタジオエンジニアによる音質チューニング
  ・高い再現性を実現する ハイレゾ対応 モニタードライバーユニット
  ・高い 解像感と自然な 音場の 広がりを実現 する サウンドディフューザー
  ・低音再生力を増強する デュアル・クリアバスポート構造
  ・セパレーションを向上させ、 自然な空間表現を実現するL/R独立グランドプラグ&ケーブル
2 スタジオでのハードな使用 に対応する 高耐入力、 高耐久性
3 長時間 使用しても 疲れにくい 装着感 をスタジオエンジニアが徹底追及
4 高音質3.5mmプラグ採用に加え、 確実な固定が可能なネジ式 6.3mm変換アダプターを付属
5 ハウジングにビクターブランドの象徴である「犬のマーク」を刻印


製品概要

品名  : ビクター スタジオ モニター ヘッドフォン
型名  : HA‐MX100V
メーカー: JVC ケンウッド
発売日 ; 2020年 7月下旬発売予定(予約受付中)
販売価格: オープン(公式オンラインストア価格 税込 24,800円)


<主な仕様>
型式    : ダイナミック型
出力音圧レベル: 107dB/1mW
再生周波数帯域: 10Hz ~ 40,000Hz
インピーダンス: 56Ω
最大許容入力 : 1,500mW (IEC*)
ケーブル   : 2.5m OFC
入力プラグ  : φ3.5mmステレオミニ、φ6.3mmステレオ標準(変換アダプター(付属)を使用)


ビクター スタジオモニターヘッドホン「HA‐MX100V」詳細

購入はコチラ! JVCケンウッド 公式オンラインストア


JVCケンウッド


VICTOR STUDIO


スタジオモニターヘッドホン HA-MX100V
ビクタースタジオレコーディングエンジニアが語るモニターヘッドホンとは?