ベーゼンドルファーに「ベートーヴェン生誕250周年記念モデル」と「セセッシオン」、2つの特別なデザインモデルが発売! ベートーヴェン生誕250周年のメモリアルイヤーの限定モデル! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

ベーゼンドルファーに「ベートーヴェン生誕250周年記念モデル」と「セセッシオン」、2つの特別なデザインモデルが発売! ベートーヴェン生誕250周年のメモリアルイヤーの限定モデル!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

Bosendorfer ベーゼンドルファー

今年、2020年は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年~1827年)の生誕250年にあたる節目の年。
1770年にドイツ・ボンで生まれたベートーヴェンは、 1827年にその生涯を終えるまでの約35年間をウィーンで過ごし、 ほとんどの作品をその地で作曲した。

1828年に、ウィーンで設立されたベーゼンドルファーは、ベートーヴェンの影響を色濃く受けたウィーン文化の中で歴史を紡いできた。

そのベーゼンドルファーが、ベートーヴェンのメモリアルイヤーに、記念モデルとして 『ベートーヴェン生誕250周年記念モデル』を発売。

「ピアノ・ソナタ第14 番『月光』Op.27-2 嬰ハ短調」第3楽章の自筆譜がピアノの大屋根の内側に施されているほか、ベートーヴェンの似顔絵や名言が、美しく煌めくマザー・オブ・パール(真珠層)の装飾で施されている。

1台1台に特別なシリアルナンバー入りの真鍮プレートが嵌め込まれた、全世界15台限定の特別モデル。

一方、『セセッシオン』は、19世紀末のウィーンに登場した新進気鋭の総合芸術運動「セセッシオン(分離派様式)」と、 分離派アーティストの展示施設として設立された同名の建築物「セセッシオン(分離派会館)」からインスピレーションを受けてデザインされたモデル。

グランドピアノの大屋根の内側の装飾や、ボディの内側を彩る繊細なグリーンは、分離派会館のシンボルである月桂樹の葉がモチーフになっている。

また、いたるところに 23K 金メッキが施され、譜面台には分離派のモットー“聖なる春(Ver Sacrum)”の文字が彫り込まれている。
分離派は、1902年にベートーヴェンをテーマにした展覧会を分離派会館で開催し、権威に捉われないベートーヴェンの創作姿勢に共鳴を示していた。

ベートーヴェンの精神性に通じる分離派の総合芸術へのオマージュであるグランドピアノ『セセッシオン』を、ベートーヴェンイヤーに相応しい特別モデルは、全世界21台限定で発売。



主な特長

『ベートーヴェン生誕250周年記念モデル』

1.「ピアノ・ソナタ第14 番『月光』Op.27-2 嬰ハ短調」の自筆譜

2.煌めくマザー・オブ・パールの象嵌によるベートーヴェンの似顔絵や名言の装飾

3.シリアルナンバー入りの真鍮プレート


『セセッシオン』

1.分離派会館のシンボルである月桂樹の葉を取り入れたデザイン

2.随所に施された壮麗な23K金メッキと繊細なグリーンで「セセッシオン」の世界観を再現

3.譜面台に彫り込まれた分離派のモットー“Ver Sacrum(聖なる春)”



製品概要

ベーゼンドルファー グランドピアノ
2020年7月25日発売


<モデル>
ベートーヴェン生誕250周年記念モデル Model 200  黒 ¥20,000,000
ベートーヴェン生誕250周年記念モデル Model 200  白 ¥21,000,000
ベートーヴェン生誕250周年記念モデル Model 214VC 黒 ¥22,000,000
ベートーヴェン生誕250周年記念モデル Model 214VC 白 ¥23,000,000

セセッシオン Model 214VC ¥22,000,000

※ 工場の状況によって納期は変化します。


ベートーヴェン生誕250周年記念モデル

セセッシオン


ベーゼンドルファー 製品サイト



『セセッシオン』イメージ動画

『セセッシオン』イメージ動画