自動演奏機能付きピアノ! 聴く楽しさも堪能できる「ベーゼンドルファー・ディスクラビア・エディション」が発売! 伝統のウィンナートーンとヤマハの最先端テクノロジーが融合! 計2000曲以上のさまざまなジャンルの曲を楽しめる! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

自動演奏機能付きピアノ! 聴く楽しさも堪能できる「ベーゼンドルファー・ディスクラビア・エディション」が発売! 伝統のウィンナートーンとヤマハの最先端テクノロジーが融合! 計2000曲以上のさまざまなジャンルの曲を楽しめる!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

Bosendorfer ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファーのピアノに、ヤマハの自動演奏機能付きアコースティックピアノ「Disklavier(TM)(ディスクラビア)」の自動演奏技術を組み合わせた、『Bosendorfer Disklavier Edition(ベーゼンドルファー・ディスクラビア・エディション)』が、 7月25日に発売となった。

『Bösendorfer Disklavier Edition』は、 伝統的なピアノづくりの手法に従ってオーストリアの職人の手で作られたベーゼンドルファーのグランドピアノに、高精度デジタル制御システムで鍵盤やペダルの動きを正確に再現するヤマハの自動演奏機能付きアコースティックピアノ「Disklavier」の自動演奏技術を組み合わせたもの。

『Bösendorfer Disklavier Edition』では、 ラフマニノフなど作曲家本人による歴史的演奏音源をはじめとするベーゼンドルファー独自の特別な自動演奏ライブラリを1500曲以上搭載し、著名ピアニストの名演奏をベーゼンドルファーピアノから奏でられる生音で聴いて楽しむことができる。

さらに、ヤマハ「Disklavier」の最新シリーズ「Disklavier ENSPIRE™」の自動演奏ライブラリも内蔵しており、 計2000曲以上のさまざまなジャンルの曲を楽しめる。

これらのコントロールは、専用アプリ「ENSPIRE Controller」(無償)を通じて、スマートデバイスやPCの画面から簡単に操作を行うことができる。

また、ユーザー自身の演奏も簡単に記録して、忠実に再現することもできる。



主な特長

1.ベーゼンドルファーのオリジナルライブラリを含む計2000曲以上の多彩な自動演奏コンテンツを内蔵
ラフマニノフ、 ウラジミール・ホロヴィッツ、 ジョージ・ガーシュウィンなど作曲家本人による貴重な演奏音源をはじめ、 ベーゼンドルファー独自の自動演奏ライブラリを1500曲以上内蔵しています。 歴史的な演奏を目の前のベーゼンドルファーピアノから奏でられる生音で楽しむという特別な体験を提供します。 また、 ヤマハの自動演奏機能付きアコースティックピアノの最新シリーズ「Disklavier ENSPIRE」の自動演奏ライブラリも内蔵しており、 計2000曲以上のさまざまなジャンルの自動演奏コンテンツを楽しめます。
さらに、 楽曲はWEB上でヤマハミュージックデータショップから購入(有料)して増やすことも可能で、 豊富な楽曲を自動演奏の生ピアノの音とともに聴くことができ、 楽しみが一層広がります。

2.最新テクノロジーを用いた高精度なヤマハの自動演奏技術により、 繊細な演奏表現を忠実に再現
四半世紀以上にわたり自動演奏機能付きピアノを開発し続けてきたヤマハの最新シリーズ「Disklavier ENSPIRE」の上位モデル「Disklavier ENSPIRE PRO」と同等の仕様の自動演奏システムを搭載。 非接触式のセンサーシステムで鍵盤やペダルの繊細な動きを高精度に検出し、 ダイナミックな演奏表現から細かなニュアンスまで忠実に再現します。 また、 センサーでハンマーの動きを読み取って鍵盤の動きに反映する技術「ハンマーセンサーフィードバック」により、 弱いタッチでの連打も高い精度で再生します。
各種センサーシステムは、 アコースティックピアノの機能には影響を与えません。 オーストリアの職人が昔ながらのピアノづくりの手法で丁寧に作り上げた伝統の“ウィンナートーン”をそのまま楽しむことができます。

3.お手持ちのスマートデバイスで簡単にピアノを操作
ヤマハが開発したアプリ「ENSPIRE Controller」(無償)を通じて、 お手持ちのスマートデバイスやPCの画面から簡単に操作を行うことができます。 例えば、 内蔵コンテンツや購入した曲からお気に入りを選んで、 自分だけのオリジナルプレイリストで好きな曲を楽しめます。
インターネット環境がない場合でも、 付属のUSB無線LANアダプターを使うことで、 簡単にワイヤレス接続が可能です。

4.消音モードで時間を気にせずいつでも演奏可能
消音モードに切り替えると、 鍵盤を弾いた際にハンマーの動きが打弦直前の位置で止まり、 弦が鳴らない仕組みとなっています。 鍵盤の繊細な動きをセンサーでキャッチし、 それをもとに電子音源をヘッドフォンから発音することで、 アコースティックピアノとほとんど変わらないタッチ感で消音演奏ができます。 消音演奏時のピアノ音源には、 奏者の耳と同じ位置に特殊なマイクを置いてピアノ音を収録する録音手法「バイノーラルサンプリング」を採用しています。 これにより、 ヘッドホン着用時でもあたかもピアノ本体から音が響いてくるような臨場感を得られ、 心地よく演奏できます。



製品概要

ベーゼンドルファー 自動演奏機能付きピアノ
Bösendorfer Disklavier Edition(ベーゼンドルファー・ディスクラビア・エディション

2020年7月25日発売


<モデル>
Model 170VC ¥17,500,000
Model 185VC ¥18.500.000
Model 200  ¥19,500,000
Model 214VC ¥21,500,000
Model 280VC ¥28,800,000

※外装仕上げの特注色や木地特注、その他デザインモデルのDisklavier Edition特注も可能。
※ベースとなるピアノのモデルや工場の状況によって納期は変化します。


ベーゼンドルファー・ディスクラビア・エディション


ベーゼンドルファー 製品サイト