アメリカン・プログレッシヴ・ハード・ポップの雄「カンサス」、4年振りとなる新作アルバム『ジ・アブセンス・オブ・プレゼンス』が、本日 7月22日発売! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

アメリカン・プログレッシヴ・ハード・ポップの雄「カンサス」、4年振りとなる新作アルバム『ジ・アブセンス・オブ・プレゼンス』が、本日 7月22日発売!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

Kansas カンサス


1969年に米国カンザス州で結成。1974年にメジャー・デビュー。
1976年に発表した『永遠の序曲』が大ヒットを記録、「伝承」のシングル・ヒットも生まれた。続く1977年発表の『暗黒への曳航』も大ヒット。
シングル・カットされた「すべては風の中に」が大ヒットし、バンドとして確固たる地位を築く。

1983年に解散するも、1985年に再結成。
以後、メンバー・チェンジをくり返しながらも、現在も第一線で活躍を続けているアメリカを代表する実力派バンド「カンサス」。

彼らの4年振りとなる待望の新作『ジ・アブセンス・オブ・プレゼンス』の日本盤CDが、本日、7月22日にソニー・ミュージックから発売となった(テジタルと輸入盤は2020年7月17日発売)。

2014年に、中心メンバーのスティーヴ・ウォルシュが再度の脱退をしたが、ウォルシュの後任に、ロニー・プラット(ボーカル)とデヴィッド・マニオン(キーボード)が加入。

ニュー・ラインナップで、2016年に16年振りとなる新作『暗黙の序曲』 をリリース、トップ200で初登場14位を記録し、健在ぶりを示した。その後、バンドのニュー・ラインナップ、ニュー・アルバム、そして彼らの代表作『永遠の序曲』の40周年を祝うツアーを行い、大成功を収める。

2017年にはこのツアーの模様を余すところなく収めたライヴ盤『レフトオーヴァーチュア・ライヴ&ビヨンド〜「永遠の序曲」40周年記念ライヴ』をリリース。翌2018年にも、『暗黒への曳航』の発売40周年を記念し、同作品を完全再現したライヴ・ツアーを開催。

同年末、デヴィッド・マニオンが脱退し、トム・ブリスリンに交代となったが、翌年3月から同ツアーを再開。

そして、2016年以来4年振りとなる通算16枚目のオリジナル・アルバム『ジ・アブセンス・オブ・プレゼンス』が本作となる。


Kansas – Jets Overhead

Kansas – Throwing Mountains


リリース情報

Kansas ”The Absence of Presence”
カンサス「ジ・アブセンス・オブ・プレゼンス」


アルバム CD / Digital
2020年7月22日発売(国内盤 Blu-spec CD2)
2020年7月17日発売(輸入盤、デジタル)
SICP-31377
¥2,500+税
ソニー・ミュージックジャパンインターショナル


収録曲

M1. ジ・アブセンス・オブ・プレゼンス The Absence of Presence
M2. スローイング・マウンテンズ Throwing Mountains
M3. ジェッツ・オーヴァーヘッド Jets Overhead
M4. プロパルジョン 1 Propulsion 1
M5. メモリーズ・ダウン・ザ・ライン Memories Down the Line
M6. サーカス・オブ・イリュージョン Circus of Illusion
M7. アニマルズ・オン・ザ・ルーフ Animals on the Roof
M8. ネヴァー Never
M9. ザ・ソング・ザ・リヴァー・サング The Song the River Sang


メンバー

● リチャード・ウィリアムス (g) (1974〜)
● フィル・イハート (ds) (1974〜)
● ビリー・グリア (b/vo) (1985〜)
● デヴィッド・ラグスデール (vl/g) (1991〜1997, 2006〜)
● ロニー・プラット (vo/key) (2014〜)
● ザック・リビ (g) (2016〜)
● トム・ブリスリン (key) (2018〜)


ストリーミング・ダウンロード

カンサス ソニーミュージック

カンサス YouTube チャンネル