日本を代表するピアニストの小山実稚恵、初のベートーヴェン・ソナタ・アルバムが、本日 7月22日発売! ベートーヴェン生誕250年記念イヤー! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

日本を代表するピアニストの小山実稚恵、初のベートーヴェン・ソナタ・アルバムが、本日 7月22日発売! ベートーヴェン生誕250年記念イヤー!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

小山 実稚恵


日本を代表するピアニスト、小山実稚恵の最新アルバム『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番&第29番「ハンマークラヴィーア」』が、本日、7月22日に発売された。

フル・アルバムとして2017年発表『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』以来3年ぶりの新譜であり、これが初のベートーヴェン・ソナタ・アルバムとなる。

Photo : Hideki Otsuka

チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールの2大コンクールに入賞した初の日本人ピアニストである小山は、今日に至るまでソロ公演はもとより協奏曲、室内楽と活躍を続け、そのレパートリーは幅広い。

1987年に『ショパン:ピアノ・ソナタ第3番/アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ他』でCDデビュー以来チャイコフスキー、ラフマニノフ、ショパンのピアノ協奏曲やリスト、ラヴェル、スクリャービン作品等30枚を超すアルバムを発表してきた。

昨年、2019年10月には、『エリーゼのために』をアナログ・シングル(45回転)盤で発売しているが、ソナタを録音するのは初めてであり、本作が初のベートーヴェン・ソナタ・アルバムとなる。

今年はベートーヴェン(1770-1827)生誕250年にあたり、レコーディングはまさに記念イヤーが幕を開けたばかりの1月28-31日、長野県軽井沢大賀ホールで行われた。

小山は、2019年春から全6回からなるシリーズ公演『ベートーヴェン、そして…』を、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の全国6都市で開催中。

また、書籍では平野昭氏との共著『ベートーヴェンとピアノ「傑作の森」への道のり』、『ベートーヴェンとピアノ 限りなき創造の高みへ』を音楽之友社より出版している。

まさに、満を持してのベートーヴェン・アルバムの完成となる。


リリース情報

小山 実稚恵
「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番&第29番『ハンマークラヴィーア』」

アルバム CD(ハイブリッド・ディスク)/ Digital Album
2020年 7月22日発売
SICC-19050
¥3000円+税
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

演奏:小山実稚恵(ピアノ)
録音:2020年1月28-31日 軽井沢大賀ホール


収録曲

ピアノ・ソナタ第28番イ長調 作品101 第1楽章:やや生き生きと、もっとも内的な感情をこめて
ピアノ・ソナタ第28番イ長調 作品101 第2楽章:生き生きと、行進曲のテンポで
ピアノ・ソナタ第28番イ長調 作品101 第3楽章:序奏部~第1楽章主題回想楽句
ピアノ・ソナタ第28番イ長調 作品101 第3楽章~主部:快速に、しかし、はなはだしくなく決然と
ピアノ・ソナタ第29番変ロ長調 作品106 「ハンマークラヴィーア」 第1楽章:アレグロ
ピアノ・ソナタ第29番変ロ長調作品106 「ハンマークラヴィーア」第2楽章:スケルツォーアッサイ・ヴィヴァーチェ
ピアノ・ソナタ第29番変ロ長調 作品106 「ハンマークラヴィーア」 第3楽章:アダージョ・ソステヌート
ピアノ・ソナタ第29番変ロ長調 作品106 「ハンマークラヴィーア」 第4楽章:ラルゴーアレグロ・リゾルート


商品詳細ページ

ストリーミング・ダウンロード(ハイレゾ配信中)

小山実稚恵 ソニーミュージック