クラシック・ピアニストでシンガーソングライターのマシュー・ロー、ロックなアプローチの近現代クラシックピアノアルバム「Melange」が、本日 7月22日配信! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

クラシック・ピアニストでシンガーソングライターのマシュー・ロー、ロックなアプローチの近現代クラシックピアノアルバム「Melange」が、本日 7月22日配信!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

マシュー・ロー Matthew Law


世界最高峰の音大を首席で卒業した実力派クラシック・ピアニストであり、 かつ、中性的な透明感のある声で自身の生々しいエモーションを歌う日本とイギリスのハーフのシンガーソングライター、マシュー・ロー。

シンガーソングライターとして2019年12月11日に「Want Money」で配信デビュー以降、ロック・R&B・ジャズなど、ポップスのエッセンスを取り入れた、そのポップ性とキャッチーなメロディーライン、感情をストレートに出す作風が注目されている中、1st Digital POPS ALBUM『LOST2』が6月24日に配信された。

そして、本日、7月22日には、クラシック・ピアニストとしてのフルアルバム『Mélangé』の配信がスタート。

「Mélangé」は、彼の音楽的地盤を形成したドビュッシー、 カプースチン、 バルトーク、 メシアンなどの近現代を代表する作曲家に焦点をあて、 厳選した珠玉の9曲(11トラック)をピアノ1本で表現したクラシック・アルバム。

クラシック楽曲で彩られたアルバムだが、 従来のクラシック音楽の“癒しのイメージ”とは対極的に、 確かな技巧の支えのもとに、 意欲的・挑戦的でいてマシュー・ローの表現者としての強い意思が全面に出た、 アプローチとしてはかなりロックなアルバムである。
クラシック・ファンはもちろん、 クラシックに馴染みがない方にも楽しめる。

シンガーソングライターとして今この瞬間を感じ歌い、クラシック・ピアニストとして100年 200年を経ても尚愛され続ける作曲家の想いをピアノで紡ぐマシュー・ロー。 新感覚の表現者に注目だ。



CLASSIC ALBUM『Mélangé』配信情報

Matthew Law
マシュー・ロー 『Mélangé』(メランジェ)

Digital
2020年7月22日配信
【配信】COKM-42772 
【ハイレゾ】COKM-42773
日本コロムビア

<収録曲>
M1. カプースチン:トッカティーナ〜「8つの演奏会エチュード」より
M2. ドビュッシー :アラベスク第1番「2つのアラベスク」より
M3. ドビュッシー :アラベスク 第2番「 2つのアラベスク」より
M4. ドビュッシー:アナカプリ〜「前奏曲第1巻」より第5曲
M5. ドビュッシー:西風の見たもの「前奏曲第1巻」より第7曲
M6. ドビュッシー:沈める 寺 「前奏曲第1巻」より第10曲
M7. バルトーク:ソナタ 第1番 第1楽章
M8. バルトーク:ソナタ 第1番 第2楽章
M9. バルトーク:ソナタ 第1番 第3楽章
M10. メシアン:喜びの精霊の眼差し〜「幼子イエスに注ぐ20の眼差し」より
M11. ドビュッシー:月の光「ベルガマスク」組曲より

2018年9月12〜14日 秩父ミューズパーク音楽堂にて録音



POPS ALBUM『LOST2』配信情報

Matthew Law
マシュー・ロー 『LOST2』

Digital
2020年6月24日配信
【配信】COKM-42770
【ハイレゾ】COKM-42771
日本コロムビア

<収録曲>
M01. Portable Sunshine
M02. Want Money
M03. (Can’t) Take This
M04. Last Song ※シマンテック社セキュリティソフト「ノートン」WEB CM曲
M05. Shine
M06. Love Me
M07. まだ見ぬ人へ(piano solo) ※民間放送教育協会「日本のチカラ」エンディングテーマ(18年10月~19年3月)
M08. Ain’t a Love Song


マシュー・ロー 特設サイト

マシュー・ロー 日本コロムビア


マシュー・ロー – Portable Sunshine 【Official Video】

マシュー・ロー – Want Money 【Official Video】