黒田卓也、4年ぶりのアルバム、8月5日発売の『フライ・ムーン・ダイ・スーン』から日本先行シングル「ドゥ・ノー・ホワイ」と、そのリワーク・ヴァージョンが、本日6月24日配信リリース! ティザー映像も公開! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

黒田卓也、4年ぶりのアルバム、8月5日発売の『フライ・ムーン・ダイ・スーン』から日本先行シングル「ドゥ・ノー・ホワイ」と、そのリワーク・ヴァージョンが、本日6月24日配信リリース! ティザー映像も公開!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

黒田卓也

2014年、USブルーノート初の日本人アーティストとして『ライジング・サン』でメジャー・デビュー。

以降、ニューヨークをベースに世界的な活躍を続け、日本国内でもMISIAやJUJU、ceroとのコラボや、J-Squad の 一員としてテレビ朝日系「報道ステーション」のテーマ曲を担当するなど、ジャンルを自由に横断しながらキャリアアップを重ねてきたジャズ・トランペッターの黒田卓也が、ニュース・アルバム『フライ・ムーン・ダイ・スーン』を 8月5日 (水) にリリースとなる。

本日、6月24日(水)、日本先行シングルとなる「ドゥ・ノー・ホワイ」と、そのリワーク・ヴァージョンが、配信リリースされた。

(c) Hiroyuki Seo

「ドゥ・ノー・ホワイ」は、黒田の持ち味のひとつであるアフロビート調のダンサブルなオリジナル曲。自らプログラミングしたビートと生演奏が絶妙に融合したナンバーで、ドラマチックな展開と、コーリー・キングと黒田によるパワフルなヴォーカルが印象的だ。

そして、そのリワーク・ヴァージョンを手掛けたのが、ソウル生まれ・東京育ちのDJ/シンガー・ソングライターYonYonと、WONKのサポートでもおなじみのマルチ・インストゥルメンタリスト安藤康平のソロ・プロジェクトMELRAW。

今回のコラボレーションは、YonYonの多彩な音楽性に興味を持った黒田がオファーして実現したもので、MELRAWが追加のプログラミングを施し、その上を日本語と韓国語の両方でYonYonがラップとヴォーカルを披露している。


黒田卓也「ドゥ・ノー・ホワイ」 (Teaser)

配信リリース情報

黒田卓也「ドゥ・ノー・ホワイ」(YonYon & MELRAW Rework)
Digital Single
2020年月24日配信
UNIVERSAL MUSIC

試聴・再生


アルバム リリース情報

YAKUYA KURODA “Fly Moon Die Soon”
黒田卓也
アルバム CD 「フライ・ムーン・ダイ・スーン」

2020年 8月5日 (水) 日本先行発売
UCCU-1641
¥2,750 (税込)
ユニバーサル ミュージック


収録曲

M1. フェイド / Fade
M2. ABC / ABC
M3. チェンジ / CHANGE
M4. ドゥ・ノー・ホワイ / Do No Why
M5. フライ・ムーン・ダイ・スーン / Fly Moon Die Soon
M6. ムーディ / Moody
M7. スイート・スティッキー・シング / Sweet Sticky Thing
M8. テル・ミー・ア・ベッドタイム・ストーリー / Tell Me A Bedtime Story
M9. TKBK / TKBK
M10. ドゥ・ノー・ホワイ (YonYon & MELRAW Rework) / Do No Why (YonYon & MELRAW Rework)*
*ボーナス・トラック


パーソネル

黒田卓也 (tp, key, programming)
コーリー・キング (tb, vo)
クレイグ・ヒル、馬場智章 (ts)
大林武司、クリス・マッカーシー、泉川貴広 (key)
荻原 亮、吉田 智 (g)
ラシャーン・カーター、ソロモン・ドーシー、バーニス・トラヴィス、中村恭士 (b)
アダム・ジャクソン、ザック・マリングス (ds)
小川慶太(per)
アリーナ・エンギバーヤン、パオラ・アルチエリ(vo)
角銅真実 (voice)
YonYon (rap, vo)
MELRAW (additional programming)

黒田卓也 ユニバーサルミュージック

黒田卓也 公式サイト


【黒田卓也のTIMEOUT #01】はじめました

黒田卓也 公式YouTubeチャンネル


Everybody Loves The Sunshine
Takuya Kuroda – Rising Son
報道ステーション・テーマ曲「Starting Five」by JSquad