ビル・フリゼール、トリオでのニューアルバムが8月14発売! 先行配信曲の「勝利を我等に」が解禁! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

ビル・フリゼール、トリオでのニューアルバムが8月14発売! 先行配信曲の「勝利を我等に」が解禁!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

Bill Frisell ビル・フリゼール

ジャズ/フュージョン・ギター界の重鎮、ビル・フリゼールが、8月14日に、トリオでのニューアルバム『ヴァレンタイン』をリリースする。

それに伴い、先行配信曲の「勝利を我等に」(We Shall Overcome)が解禁され、プレオーダーがスタートした。

© Monica Jane Frisell

昨年、ブルーノート・レーベルに移籍後、初となるアルバム『ハーモニー』を発表したビル・フリゼールだが、今回の新作は待望のトリオでの作品となる。

ジャズとアメリカーナを基軸にしたヴォーカルを取り入れた前作とは異なり、彼のテクニックを存分に堪能することができる正統派インスト曲がメイン。

定期的に来日公演も行い、幾度となくファンたちを魅了してきた彼のギターとトリオのハーモニーが光る作品に仕上がった。

トリオのメンバーは、ここ数年、フリゼールとツアーを共にし、昨年には、NYで“ジャズの聖地”と呼ばれるジャズ・クラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードのステージをも共にしたトーマス・モーガン(ベース)、ルディ・ロイストン(ドラムス)。本作はフリゼールが切望してレコーディングに至った。

アルバムに収録された楽曲は、彼らが何度も一緒にプレイをしてきたファンには耳馴染みのものから、一度しか演奏したことがないものまで様々。長年、共にツアーを巡っていたからこそ「新鮮さ」を大切にしたと言う。

プロデュースを務めるのはこれまでもフリゼールのアルバムを多く手がけてきたリー・タウンゼンド。フリゼールが最も信頼しているメンバーと織り成す渾身のアルバムとなっている。


ビル・フリゼール コメント

このアルバムは、ルディとトーマスと、そして私と彼らの音楽を通して築いた関係性のすべてです。
ここ数年、一緒に演奏をしてきたが、それを証明するものが何もなかった。だから、録音して残したかったんだ。彼らとの演奏が私の空想の中でマジカルなものではなく、リアルなものだと証明したかった。


We Shall Overcome

リリース情報

Bill Frisell ”Valentine”
ビル・フリゼール『ヴァレンタイン』

アルバム CD
2020年8月14日発売 (SHM-CD)
UCCQ-1127
¥2,860 (TAX IN)
Blue Note / UNIVERSAL MUSIC


収録曲

M01. ババ・ドゥレイム / Baba Drame
M02. アワー・グラス / Hour Glass
M03. ヴァレンタイン / Valentine
M04. レヴィース / Levees
M05. ウィンター・オールウェイズ・ターンズ・トゥ・スプリング / Winter Always Turns to Spring
M06. キープ・ユア・アイズ・オープン / Keep Your Eyes Open
M07. ア・フラワー・イズ・ア・ラヴサム・シング/ A Flower is a Lovesome Thing
M08. エレクトリシティ / Electricity
M09. ワゴン・ホイール / Wagon Wheels
M10. アント・マリー / Aunt Mary
M11. 世界は愛を求めてる / What the World Need Now is Love
M12. ホエア・ドゥ・ウイ・ゴー? / Where Do We Go?
M13. 勝利を我等に / We Shall Overcome

その他、日本盤ボーナス・トラック収録予定。


予約・購入・ストリーミング


ビル・フリゼール ユニバーサル ミュージック

ビル・フリゼール 公式サイト


Bill Frisell – HARMONY (Album Trailer) 2019年

BILL FRISELL TRIO @ BLUE NOTE TOKYO 2019年 トレイラー