BS-TBSの音楽ドキュメンタリー番組「SONG TO SOUL~永遠の一曲~」6月9日の放送は、ボン・ジョヴィ「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」と、セルジオ・メンデス「マシュ・ケ・ナダ」! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

BS-TBSの音楽ドキュメンタリー番組「SONG TO SOUL~永遠の一曲~」6月9日の放送は、ボン・ジョヴィ「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」と、セルジオ・メンデス「マシュ・ケ・ナダ」!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

ボン・ジョヴィ、セルジオ・メンデス&ブラジル’66

名曲が生まれた背景やルーツを、関係者による証言や誕生秘話とともに紹介する音楽ドキュメンタリー番組、BS-TBS『SONG TO SOUL』 One piece of eternity ~永遠の一曲~!

今回は、「SONG TO SOUL Remix」として、再編集のショート・バージョンで、ボン・ジョヴィ「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」と、セルジオ・メンデス「マシュ・ケ・ナダ」の 2曲を放送!

ボン・ジョヴィ「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」
【出演】ボン・ジョヴィ (2013年 制作)

1984年にデビューし、世界的な人気ロックバンドとなったボン・ジョヴィ。その代表作「「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」は、彼らの人気を不動のものにした3rdアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(1986年リリース)からシングルカットされた。
ミュージック・ビデオが、MTV で繰り返しOAされ、全米チャート4週連続No.1を獲得。また、バンドにとって初の全英チャートトップ10入り(最高4位)も果たした。
曲を書いたのは、メンバーのジョンとリッチー、そして、キッスやエアロスミスなどの曲も手がけたソングライターのデズモンド・チャイルド。番組では、曲にゆかりの深いニュー・ジャージーやレコーディングが行なわれたバンクーバーをたずね、この曲の誕生の背景を探っていく。さらに、メンバーの4人がこの曲について語る。

セルジオ・メンデス「マシュ・ケ・ナダ」
【出演】セルジオ・メンデス、ジョルジ・ベンジョール(オリジナルの作者・演奏者)(2014年制作)


情熱的なサンバや、涼しげで洗練されたボサノヴァなど、世界のポップス界にさまざまな名曲を送り出しているブラジル音楽。
「イパネマの娘」や「波」「おいしい水」など、アントニオ・カルロス・ジョビンの諸作とともに、ブラジルが生んだ名曲として知られるのが、「マシュ・ケ・ナダ」。
ブラジル人ミュージシャン、ジョルジ・ベンジョール(当時はジョルジ・ベン)によって書かれたこの曲は、本人のヴァージョンにより1963年にリリースされ、ブラジル国内で大きなヒットとなった。
その後、セルジオ・メンデス&ブラジル’66 がこの曲をカヴァー。1966年にA&Mレコードからリリースされたアルバムが大ヒットし、世界各国で No.1 となる大ヒットを記録した。
日本でも、由紀さおりをはじめ、さまざまなポップス歌手によりカヴァーされている。セルジオ・メンデスほか、この曲にゆかりのある人々を訪ね、名曲誕生の経緯を探っていく。


放送日時

SONG TO SOUL Remix
「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」ボン・ジョヴィ(再放送)
“Livin’ on a Prayer” Bon Jovi (1986年)


番組名 : 「SONG TO SOUL ~永遠の一曲~」(Remix)
放送日時: 6月 9日(火) 23:15 〜 23:30
放送局 : BS-TBS

番組サイト


放送日時

SONG TO SOUL Remix
「マシュ・ケ・ナダ」セルジオ・メンデス&ブラジル’66 (再放送)
“Mas que nada” Sergio Mendes & BRASIL’66 (1966年)


番組名 : 「SONG TO SOUL ~永遠の一曲~」(Remix)
放送日時: 6月 9日(火) 23:30 〜 24:00
放送局 : BS-TBS

番組サイト