現代最高のチェリスト「ヨーヨー・マ」が、『バッハ:無伴奏チェロ組曲』全曲をライヴ配信! 日本時間 5月25日 午前4時から! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

現代最高のチェリスト「ヨーヨー・マ」が、『バッハ:無伴奏チェロ組曲』全曲をライヴ配信! 日本時間 5月25日 午前4時から!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

YO-YO MA ヨーヨー・マ

現代最高のチェリストのひとりと称される「ヨーヨー・マ」が、現地時間 5月24日午後3時 (日本時間 5月25日 早朝4時) から、『バッハ:無伴奏チェロ組曲』全曲演奏のライヴ・ストリーミングを行う。

photo : Jason Bell

新型コロナウイルスで亡くなった方々の追悼と、社会の力強い再生へ思いを捧げるヨーヨー・マの演奏は、ボストンのクラシック専門ラジオ局 WCRB のスタジオからライヴ配信される予定。

バッハの「無伴奏チェロ組曲」は、チェリストにとってバイブルと言われる最難関レパートリー。ヨーヨー・マは、音楽家だった父親の手ほどきで4歳の時からこの曲を弾き始め、以来毎日欠かさずこの曲を演奏してきたという。

「バッハの音楽は人生のどんな時に聴いても心に寄り添って生きる力を与えてくれる。60年にわたって辛い時や華やかな祝いの時も、喪失の悲しみの中にあっても僕を支え、慰め、希望をもたらしてくれる」と コメントしている。


ライヴ配信! 日本時間 5月25日 午前4時から!

WCRB / Yo-Yo Ma Plays Bach Live

WCRB「Yo-Yo Ma Plays Bach Live」


ヨーヨー・マ「バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲」

ヨーヨー・マはこれまで1982年,1994-1997年、2017年の計3回にわたって無伴奏全曲録音を発表。それぞれがヨーヨー・マの代表作としてベストセラーになっている。20代の録音はその鮮やかなテクニックとみずみずしい音楽性が絶賛されグラミー賞を受賞した。

40代で録音した無伴奏は、第1番から第6番までを異なるジャンルで活躍するアーティスト(坂東玉三郎、マーク・モリス・ダンス・グループ、アトム・エゴヤン等)とのコラボレーションにより映像作品として完成させ、エミー賞を受賞。
チェロという楽器の可能性を追求し、ジャンルや文化の違い等あらゆる境界線を超越してきたヨーヨー・マは100枚を超すアルバムをリリース、全世界で700万枚以上の売上を記録した。
グラミー賞19回受賞。

2018年夏からは、「バッハ:無伴奏」を全世界36箇所で演奏する「バッハプロジェクト」を各地で行っており、11月16日沖縄での公演が予定されている。


Yo-Yo Ma – Bach: Cello Suite No. 1 in G Major, Prélude (Official Video)

アルバム情報

ヨーヨー・マ
「バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲 〜シックス・エヴォリューションズ〜」

(録音:2017年12月12-15日 サチューセッツ州メカニクス・ホール)

アルバム CD(2枚組)BSCD2
2020年8月15日発売
SICC30488-9
¥ 3,960(税込)
SONY CLASSICAL / Sony Music Japan International


購入・ストリーミングはコチラ!

CD 詳細・購入コチラ!


ヨーヨー・マ ソニーミュージック

ヨーヨー・マ YouTube チャンネル