小西康陽のソロ・プロジェクト「PIZZICATO ONE」の2019年10月のライヴを収録した初のライヴ・アルバムが 6月24日に発売! -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

特選!


MUSIC GUIDE 情報局

小西康陽のソロ・プロジェクト「PIZZICATO ONE」の2019年10月のライヴを収録した初のライヴ・アルバムが 6月24日に発売!

MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

PIZZICATO ONE(小西康陽)

90年代の音楽ムーヴメント「渋谷系」の中心的グループとして、日本はもとより海外のファッション・映画・音楽関係者から絶大な支持を得てワールドワイドに活動し、2001月に解散したピチカート・ファイヴ。そのリーダーであり、現在は、音楽プロデューサー/DJとして活躍する小西康陽のソロ・プロジェクト「PIZZICATO ONE」。

2019年10月のビルボードライブ(東京&大阪)でのライヴを収録した初のライブ盤が、6月24日に発売となる。

(c) Kenju Uyama

ピチカート・ファイヴ解散から10年目の2011年に発表した第一弾アルバム『11のとても悲しい歌』は、世界各国のヴォーカリストをフィーチャーした洋楽曲のカヴァー集で、日本のみならず海外20か国でもリリース。

続く、2015年発表のセカンド・アルバム『わたくしの二十世紀』では、ピチカート・ファイヴ時代からのオリジナル曲に新アレンジを施し、個性豊かな11人のヴォーカリストを迎えてセルフ・カバー。一夜限りの発売記念ライヴも話題となった。

そして、『わたくしの二十世紀』(2015年6月24日発売) から、ちょうど5年ぶりとなる、6月24日(水)に、ニュー・アルバム『前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン』をリリースすることが発表された。

これは、2019年10月のビルボードライブ東京&大阪におけるワンマンライヴの模様を収録した初のライヴ・アルバム。
ステージでは小西康陽はヴォーカルに専念し、「この編成でやるのはきっと最初で最後」と語ったベスト・メンバーを集めたコンボがバックアップしている。

いまだに高い評価を集めるピチカート・ファイヴ時代のレパートリーを中心に、1988年~2018年の30年の間に発表したナンバーを作家自身の歌声で聴かせる、小西の長いキャリアにおいても初めての試みとなるシンガー・ソングライター色の濃い作品になっている。


リリース情報

PIZZICATO ONE
「前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン」


アルバム CD(ライブ録音盤)
2020年6月24日(水) 発売
UCCU-2178
¥3,300 (tax in)
Verve / UNIVERSAL MUSIC

<メンバー>
小西康陽(vo) / 田辺充邦(g) / 香取良彦(vib) / 矢舟テツロー(p) / 河上 修(b) / 有泉 一(ds)
2019年10月 ビルボードライブ(東京&大阪)にて実況録音


収録曲

M01. めざめ
M02. 東京の街に雪が降る日、ふたりの恋は終わった。
M03. 神の御業
M04. メッセージ・ソング
M05. きみになりたい
M06. 地球最後の日
M07. 東京上空3000フィート
M08. テーブルにひとびんのワイン
M09. ゴンドラの歌
M10. 涙もろくなった。
M11. かなしいうわさ
M12. また恋におちてしまった
M13. 子供たちの子供たちの子供たちへ

予約 UNIVERSAL MUSIC STORE

PIZZICATO ONE ユニバーサル ミュージック