第1回 中島みゆき「悪女」(1981年) -MUSIC GUIDE ミュージックガイド

色あせない昭和の名曲
便利でないことが、しあわせだった、あのころ …

週刊・連載コラム「なつ歌詞」

時代を思い出す扉が 歌であってくれればいい … (阿久悠)

第1回 中島みゆき 「悪女」(1981年)

あなたが 早く私に 愛想を尽かすまで…
あなたの隠す あの娘のもとへ
あなたを早く渡してしまうまで…
MUSICGUIDEから最新情報をお知らせします。

中島みゆき 「悪女」

中島みゆき「悪女」 作詞・作曲:中島みゆき、編曲:船山基紀
1981年(昭和56年)発売  7インチシングルレコード (45rpm)
キャニオン・レコード(ポニーキャニオン)
中島みゆき、11作目のシングル。80万枚を超えるセールスで、オリコンチャート1位を獲得。

 日劇が閉館し、神戸では「ポートピア ‘81」が開催され、ロナルド・レーガンがジミー・カーターにかわりアメリカ合衆国大統領に就任、タイガースの江本が「ベンチがアホやから」と言い、中日の宇野がヘディング事件を起こした昭和56年。
 「ルビーの指環」「大阪しぐれ」「ギンギラギンにさりげなく」「みちのくひとり旅」「白いパラソル」「ふたり酒」「スローなブギにしてくれ」などが街に流れていた当時、大流行の兆しを見せていた「黎紅堂」「友&愛」といった、なぜかスナックみたいな名前が多かった「貸しレコード店」では、松田聖子、松任谷由実、オフコース、サザン、さだまさし、松山千春、クインシー・ジョーンズ、ジョン・レノン、ノーランズ、シーナ・イーストンなどのLP盤が人気でした…。
 当時を思い起こせば、好きな曲ばかりを並べたカセットテープを命がけで作り、気になるあのコに渡すことは、ひとつの文化だったのではないでしょうか…。
 そんな中、日本中の「マリコさん」が喜んだか迷惑だったかはわかりませんが、10月に発売となったシングルレコード「悪女」は、翌年の昭和57年にかけて大ヒット。
 「時代」「勝手にしやがれ」「迷い道」「仮面舞踏会」などの名アレンジでも知られる船山基紀さんによる、今ならとてもコワくて出来ないようなシンプルなサウンドに乗った、みゆきさんの明るい響きの歌声が、より切なさを感じさせます。
 ちなみに、アコギは巨匠・吉川忠英さん、印象的なピアノは、「遠くで汽笛を聞きながら」の名ソロを弾いたギタリストの矢島賢さんと後に結婚した田代マキさんです。
(興味のない方はムシしてください…)。
 まだ、世の中には、黒電話が多く残っていたあの頃、「受話器をはずしたまま…話し中」の「あなたの部屋」にかけた電話も、きっと10円玉専用のピンク電話(ワタシは肌色だと思ってますが…)だったのではないでしょうか…。
 そんなコトはさておき、「裸足で夜明けの電車で泣いている女性」をワタシは見たコトがありませんし、「わかれうた」の冒頭にある「道に倒れて誰かの名を呼び続ける」というようなドラマみたいな経験をしてしまったヒトも多くはないでしょう…。
 にも関わらず、そんな非日常的な演出でありながら、主人公のいる情景がリアルに浮かんでくるからフシギです…。
 八代亜紀、中森明菜、畑中葉子、王菲など、多くの歌手にカバーされていますが、「アイドルを探せ」「あなたのとりこ」で有名なシルヴィ・ヴァルタンがフランス語で歌っているバージョンは、「Ta vie de chien」というタイトルで、よくわかりませんが「あなたとイヌの暮らし」(?)みたいな内容のようです…、なぜ…?。
 とにかく、人間の持つ複雑な心理が見事に描かれた、いい歌です…。
 ホラ、聴きたくなってきたでしょ…?

(2019年10月 西山 寧)

ウィキペディア「悪女」中島みゆき
歌詞を見る「悪女」
中島みゆき 歌詞一覧
1981年にタイムマシン
中島みゆき オフィシャルサイト
amazon 中島みゆき ベスト盤「Singles」

ダウンロードサイト mysound(YAMAHA)
ダウンロードサイト オリコンミュージックストア
ダウンロードサイト mora
ダウンロードサイト レコチョク
ダウンロードサイト music.jp